【インフィニットデンドログラム】アニメ無料動画の全話フル視聴まとめ

インフィニット・デンドログラム

「HJ文庫」より刊行中の海道左近によるライトノベル「インフィニット・デンドログラム」がTVアニメ化!

「インフィニット・デンドログラム」は、プレイヤーによって“無限”のパターンの進化を辿る独自システム「エンブリオ」を有したダイブ型VRMMO「Infinite Dendrogram」を舞台に繰り広げられるバトルファンタジー。

「小説家になろう」におけるVRゲーム部門の2016年年間ランキング1位を皮切りに、数々の賞を獲得した人気作品。

この記事では、TVアニメ「インフィニットデンドログラム」の動画【第1話から最終回まで(全話)】無料で視聴できる方法をわかりやすく解説していきます。

TVアニメ「インフィニットデンドログラム」の動画を見逃し含めて無料視聴する方法

アニメ「インフィニット・デンドログラム」はいくつかの動画配信サービスで無料視聴できます。

ただし全ての動画配信サービスがおすすめできるわけではありません。

  • 1週間で無料視聴期間が終了してしまう…
  • 途中で何度も広告に邪魔される…
  • 無料期間終了後の解約がわかりにくい…

こんな動画配信サービスは使いたくないですよね。

そこで、安心して使える動画配信サービスを紹介します。

無料で使いたいなら無料期間中に解約すればOK!
※解約方法はどれもわかりやすいです。

無料期間終了後もずっと使い続けたい場合は、月額料金を支払うことで継続ができます。

\この作品を配信中のおすすめサービス/
サービス 配信状況 無料期間
U-NEXT
二重丸見放題
31日間無料
FOD
二重丸見放題
31日間無料
hulu
二重丸見放題
14日間無料
dアニメストア
二重丸見放題
31日間無料

動画配信サービスは初めて使うので、とりあえず最初は1つでお試ししたい…!

そんな方にはU-NEXTがおすすめです。

アニメ「インフィニット・デンドログラム」は「U-NEXT」で第1話から全話フル動画配信が決定!

「U-NEXT」は完全無料で視聴が可能です。

31日間は無料!期間中は無料視聴できます。

無料期間中に解約すれば、一切料金がかからず楽しむことができますよ!

「anitube」「GoGoAnime」「kissanime」などをはじめとした違法動画サイトでの視聴は絶対にNGです。「広告が無駄に多い」「フル視聴できない」デメリットはそれだけではありません。最悪の場合、スマホやPCがウイルス感染する可能性もあります。安心して楽しむためにも、正規の動画配信サービスを利用しましょう。

TVアニメ「インフィニットデンドログラム」の詳細

作品名
インフィニット・デンドログラム
放送日
2020年1月〜
製作会社
キャスト レイ・スターリング(椋鳥玲二)(CV:斉藤壮馬)
ネメシス(CV:大野柚布子)
シュウ・スターリング(CV:日野聡)
ルーク・ホームズ(CV:小市眞琴)
バビロン(CV:高田憂希)
ユーゴー・レセップス(CV:村瀬歩)
キューコ(CV:小倉唯)
マリー・アドラー(CV:日笠陽子)
公式サイト

放送スケジュール

  • TOKYO MX:2020年1月9日(木)より毎週木曜日23:30〜
  • サンテレビ:2020年1月9日(木)より毎週木曜日24:30〜
  • BS11:2020年1月9日(木)より毎週木曜日23:30〜
  • AT-X:2020年1月9日(木)より毎週木曜日23:00〜 ※リピート放送:毎週土曜 15:00〜/毎週日曜 8:00〜/毎週水曜 7:00〜
  • dアニメストア:2020年1月9日(木)より毎週木曜日23:30〜

あらすじ

「2043年7月15日、各々のプレイヤーによって千差万別、否、“無限”のパターンの進化を辿る独自のシステム<エンブリオ>を有するダイブ型VRMMOが発売された。
それまでのVRMMOが実現できず、技術的に不可能とされてきた要素を備えていたは瞬く間に一大ムーブメントとなって世界を席巻した。
大学受験を終えて東京で1人暮らしを始めた青年・椋鳥玲二は、長い受験勉強の終了を記念して、かねてより兄に誘われていたを始めるのだった──。

出典:TVアニメ『インフィニット・デンドログラム』公式サイト

【各話】TVアニメ「インフィニットデンドログラム」のネタバレ・あらすじ

第1話【可能性の始まり】

2020年1月9日放送分

VRMMO<Infinite Dendrogram>がリリースされてから約1年半。大学受験を終えた椋鳥玲二は念願の<Infinite Dendrogram>をプレイする。レイ・スターリングとなり、兄シュウに会うためアルター王国にやってくると、突然クエストに巻き込まれて……!?

ゲームのNPCに感情移入して、ここで殺されたくないと、生存ルートがないが、何度もプレイしたのを思い出します。もしそこを自分で何とかできるなら、諦めない気持ちはわかる気がします。兄貴のくまキャラがいいですね。強いし、ドジだし、くまだし、最高です。格好いいキャラより、個人的には好感度が上がります。まあ単にミスの賜物なのですが。
この作品もVRMMOを題材にしている。主人公である椋鳥玲二(プレイヤー名 レイ・スターリング )は兄に誘われていたVRMMOゲームであるInfinite Dendrogramをプレイする事ができた。そして個人的には、ログインした時のネコ(管理AI)のキャラが気に入っている。痛覚などの感覚も再現出来ているようで、しかもON/OFFが出来るのはすごい。

第2話【墓標迷宮】

2020年1月16日放送分

<エンブリオ>ネメシスの力で初のクエストをクリアしたレイ。次なる目標はランカーになること。戦争に敗れプレイヤーが減少するアルター王国でなら、ランカーになることも不可能ではない。早速レベル上げに励んでいると、ルークとその<エンブリオ>バビロンに出会う。

このゲームのすごい設定なのが、ゲームをプレイ中に現実の体に何かあると、メッセージが出る。 レイも空腹、尿意と出てきていた。 エンブリオのネメシスも飲み食いするようだ。 というか、レイのお兄さん、ずっと案内だと思ったら、レイが上級職に就いたら帰っていった。その後、モンスター型のエンブリオに襲われる。 結果、ダメージで強制ログアウトされた。 しかも1日ログイン制限とか厳しいね。
最初に将軍閣下など呼ばれる人物が数人と話しているが、ゲームの中で自分の思うように操る行為があるのは不愉快に感じる。エンブリオのネメシスだが、なぜかホラー関係に弱いらしく、墓標迷宮に行くとき、どこかのかわいい女の子ようにレイにしがみついて歩いていた。少し思ったのがネメシスは武器なのになぜ怖がるのだろうか。

第3話【超級】

2020年1月23日放送分

王都アルテア周辺でのPKテロが止まった。情報屋のマリーによれば、連合を組んでいたPK集団がフィガロをはじめとする<超級(スペリオル)>プレイヤーたちによってデスペナルティに追い込まれたという。レイはその圧倒的な戦いぶりに唖然とするばかりで……。

こういったゲーム、特にVRMMOを題材にしている作品が増えてきてるが、 フィガロとマッドキャッスルのお頭が戦った時に空から落とされるときに「ゲームなのに痛覚などないのに落下の感覚がぁ」と言っていた。 あれ?食べておいしいと発言してるし、痛覚もオン、オフ出来る事をレイが以前に話している。 どういう設定なんだろうか。 かなり気になってしまった。
レイとルークが話していると、マリーというジャーナリストが現れて、真相を語ってもらう。 この時にエンブリオのネメシスとバビはやっぱり何かを食べていた。ネメシスは食べるのが本当に好きなようです。管理AIのチェシャと久しぶりに会う事が出来た。チェシャはレイに甘いのかな。それとルークのスキルは本人がまったく理解してないようで、今後どうスキルが働くのか楽しみではある。

第4話【逆転は翻る旗の如く】

2020年1月30日放送分

決闘都市ギデオンを目指す道中、レイたちは商人の馬車を襲うゴブリンの群れに遭遇する。見過ごすことができないレイはゴブリン退治に協力するが、<UBM>の出現によって窮地に陥ってしまう。圧倒的なパワーと状態異常攻撃を前に、勝機はあるのか!?

道中でゴブリンに襲われている一行に出会い助けるがルークとバビロンは集団を相手にする戦闘力が凄い。何故だか色気も感じるよね。レイはUBMとの対戦に苦戦するけど倒しちゃいましたね、ネメシスも進化してドンドン強くなっていくのがゲーム的に面白いですよね。運営側が予想外だったようですけど人間じゃなかった方が予想外で何目的か分からなくて期待値が上がります。ペンギンの着ぐるみっていうだけで何か笑える。
賞金首って事は報酬がいっぱい貰えるので頑張って欲しいけど大瘴鬼ガルドランダって名前の通り毒で立ち上がれなないのはヤバイって思いましたね。マリーお姉さんが回復薬を持っていて良かった。このお姉さんは痒い所に手が届く的に役に立ちますね。カウントダウンが始まった時は怖かったけどネメシスが進化したのはテンション上がった。報酬を少なく貰おうとして揉めるなんて皆良い人達ですよね、お疲れ様でした。

第5話【地獄門】

2020年2月6日放送分

アレハンドロの商店で謎のレアアイテムを手に入れたレイ。しかし、そのアイテムを使うためには、あるアクセサリーを購入し新たなスキルを得る必要があった。金策のため冒険者ギルドに向かうと、路地裏で襲われている女性と彼女を救おうとする少年に遭遇する。

獣の耳が生えて可愛くなったレイは、気にしながらも買い物したり街を楽しんでいてこっちまで楽しくなります。路地で出会ったユーゴーが強いんだか弱いんだか分からないけど、イケメンなのに妙にキザな話し方で残念なのが面白い。一緒にいるキューコも毒舌で面白い女の子だけど強いらしい。ネメシスとも相性が良いみたいで、仲良くクエストをクリアして欲しいです。レイはアジトの中で刺されてしまったけど大丈夫だろうか。
一緒にクエストをすることになったユーゴーとキューコと誘拐犯のアジトへ行く事になり、仲間が増えたようで嬉しいです。ユーゴーはロボットみたいなのに乗り込んで戦っているけど、アイテムは何でもありだね。レイはスケルトンになった子供達を倒す事になって心を痛めるとは優しい。ゲームだからスキル獲得で正解なのにね。残酷な集団との戦いは胸くそ悪く、レイは倒れてしまうけど頑張って欲しいです。

第6話【小数点の彼方】

2020年2月13日放送分

レイが救出した少年は山賊団の頭目の一人メイズに操られていた。油断したところをナイフで刺されたレイ。塗布された秘薬によって複数の状態異常を受けるが、膨れあがる怒りと殺意がレイを突き動かした。メイズを圧倒するほどの威圧感を見せるが……。

レイは子供に刺されたけど大丈夫でしたね。操ってたヤツも倒したのにバカな残党達のおかげで化け物として復活しちゃって危機一髪でハラハラします。キューコが本当はコキュートスってビックリだけど可愛いから良いか。過去にお兄さんに勇気づけられた時の夢を見ていたましたが、お兄さんは格闘家だったんですね。炎の女の子が登場して立ち直って良かった。ゲームの中なのに感情移入し過ぎるってのは問題かも少し心配になります。
レイの戦闘能力が凄すぎて敵はいないんじゃないかって思うけど、運営側の鬼さんはどう思っているのかな。っていうかこの鬼は将軍ってことかな。ネメシスは単独でも戦えたんですね、レイは新たな武具を手に入れて更に強くなって、次はどんな敵と戦うのか想像がつきません。ユーゴはペンギンの着ぐるみと知り合いで、ペンギンは叡智の三角のオーナーだったし、もしやレイのケモミミが盗聴器なのってビックリする事ばかりです。

第7話【決闘都市】

2020年2月27日放送分

決闘都市ギデオンが主催するイベント<超級激突>がいよいよ開幕する。極みに到達した<超級(スペリオル)>たちが集まり、激闘が繰り広げられるとあって街中はお祭り騒ぎ。レイもまたフィガロの一戦に期待を寄せるが、水面下では様々な<マスター>たちの思惑が交錯していた。

怪しい宗教みたいな覆面したヤツが現れたかと思ったら、いきなり戦いが始まってあっという間に片付けちゃった。レイは宿でお風呂入ったりマリーさん達とお茶したりしてゆったりした時間を過ごしていて、日常を描いてくれるのもリラックス出来ていいな。決闘都市が主催するイベントとか物騒な感じがするけどゲームの中の強い奴らが沢山見れるのは面白い。お兄ちゃんの知り合いだったフィガロも参加するので応援したいな。
迅羽の風貌が怪しすぎて悪役っぽいけど周りにいる人がちっちゃくて可愛いからいい人に感じるわ。レイは色々な人に会うけど皆が何かを隠していて気になる。ユーゴも何か怪しくて敵なのか味方なのか今のとこ分からないな。お兄ちゃんは着ぐるみが可愛いですね。フィガロも着ぐるみを着ていたのはギャップがあっていいかも。スペリオル達の戦いはフィガロでも難しそう。ペンギンのぬいぐるみが何か企んでて嫌だな。

第8話【超級激突】

2020年3月5日放送分

勘違いしたレイは迅羽に攻撃を仕掛けてしまい、一触即発の空気に。シュウの介入でその場は収まるが、<超級(スペリオル)>が持つオーラを目の当たりにし、肝を冷やすばかり。ついに始まるフィガロと迅羽の一戦に、レイは何を見るのか。

レイは迅羽の持つ殺気を感じて攻撃しようとしたけど、相手は物凄く格上でしたね。お兄ちゃんが助けてくれなかったら死んでたな。迅羽とフィガロの戦いが始まってレイ達はBOX席で観覧なんて優雅かよ。お兄ちゃんも一緒だけどマリーが何か知ってそうで怪しい。戦いは速度補正しているけど早すぎる。フィガロが血を吐いたと思ったら肺を取られていて気持ち悪い。スキルが色々凄すぎて展開が読めないけどフィガロが勝って良かった。
レイは試合で大金を掛けようとしてネメシスに怒られてたのが可愛い。迅羽と会ったのは運が悪かったね。結界を張るほど二人の戦いは凄くて、迅羽が一歩も動かないでフィガロの肺を取っちゃて優勢に見えたけど、フィガロは長期戦になるほど強くなる心臓のエンブリオで勝って安心した。フランクリンが現れてバックが花火とか派手好きだな。第2王女を拉致してくるとかゲームしましょうとかゲスで恐いわ。

第9話【狂宴の始まり】

2020年3月12日放送分

<超級激突>に乱入してきたMr.フランクリンは、第二王女エリザベートを人質に取り、王国の<マスター>たちに「ゲーム」を挑む。犠牲者が増える前にこのゲームを攻略しなければならない。行動を制限された<マスター>が多い中、カギを握るのはレイだった。

マリーは路地に連れて行かれたエリザベートを助けて仲良くなっていましたが、マリーさんも戦えるんですね。フランクリンが狂気じみた悪役で盛り上げてくれて楽しいな。事前にトラップを仕掛けていたり結界張ってたり、外には手勢が待ってたりと用意周到なのも悪どいですね。レイとルーク達は外に出て敵を薙ぎ倒して爽快です。マリーは王女を助けたのに取り返されちゃうし、最強の敵が現れて危機一髪だけど戦う姿はカッコ良い。
エリちゃんとマリーの出会いが少女漫画のようで微笑ましかった。フランクリンの仕掛けたゲームに皆が翻弄されていて面白い。レイ達も負けずに反撃して敵を減らしていくのは気持ちが良いですね。マリーが実は凄腕マスターだったとは頼もしい。フランクリンを一瞬で倒したのは凄かった。楽団姿の怪しい敵が相手なのは心配です。西門にはユーゴーとキューコが立ちはだかっていてレイ達とは敵になってしまって悲しいな。

第10話【盤上の攻防】

2020年3月19日放送分

エリザベートを再び奪われてしまったマリーの前に、【キング・オブ・オルケストラ】ベルドルベルが立ちはだかる。音楽に身を捧げてきたベルドルベルのスキルは、まるで楽団を指揮するかのように流麗で豊潤。追い詰められるマリーに逆転の一手はあるのか……!?

オーケストラを使うベルドベルに苦戦するマリー、漫画家だったけど書けなくなってゲームに逃げてきたらしく、似た者同士の二人が戦うなんて運命かな。ユーゴもリアルでは家族バラバラで可哀想。騎士になりたくてゲーム始めたのにフランクリンの味方で良いの。ユーゴとルークが戦う事になったけど、二人の間にも何かありそうで楽しみ。フランクリンはやりたい放題だし、レイが来て喜んじゃうのも悪人って感じでグッジョブです。
ベルドベルはリアルで作曲家だったんですね。曲が書けないからってゲームの世界に来ちゃう発想が凄いな。オーケストラそれぞれが違うスキルを使うなんて厄介ですね。ブレーメンの音楽隊に似せて作ったスキルなんて面白い。マリーのリアルも漫画が書けなくてゲーム始めたとは皮肉ですね。マリー勝利で安心した。ユーゴは、フランクリンとの関係が気になるけどリアルでは女の子だったなんて驚いた。みんなゲームやる理由が重いな。

第11話【勝利者の右腕】

2020年3月26日放送分

激闘を繰り広げるルークとユーゴー。<マジンギア>の攻撃を先読みしながらも、ルークの身体はユーゴーの【凍結】スキル《地獄門》によって確実に蝕まれていた。窮地に陥る中、ルークは思考する。この【凍結】にはなんらかの条件と法則がある、と――。

ルークは特殊な家庭に育っていたせいか、自分自身を探しにゲームにやってきたんだね。海外からの参加者って理由が本当に重いな。ユーゴが女の子だって見破っちゃって、さすが英才教育受けているだけのことはある。フランクリンがレイを殺そうと生み出した怪物が気持ち悪い。中にもう一体いるとか欲張り過ぎ。ミリアーヌを殺そうとしたメガネ男がフランクリンってムカつくわ。レイを見守るくまさんが心強い。レイは強かったね。
ルークの両親が探偵と怪盗とか映画みたいだな。飛行機事故であっさりと死んじゃったのは驚いたけど、素直に育ったルークも驚いた。ルークはスキルを発動して変身してカッコいい。力比べでは負けちゃったけど知恵比べでは勝って、やっぱり賢い方がカッコいいな。フランクリンが乗っている怪物にレイの必殺技が効かなくてショックなのに、前に飲んだ薬で情報が漏洩していたなんて悪辣。まぁレイが勝利して気分爽快だな。

第12話(最終回)

2020年4月2日放送分

準備中