【僕のヒーローアカデミア第4期(ヒロアカ4)】アニメ無料動画の全話フル視聴まとめ

シリーズ累計発行部数2,300万部を突破した、堀越耕平による「週刊少年ジャンプ」で連載中の王道ヒーローアクション「僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)」のTVアニメ第4期!

今作では、“最高のヒーロー”にまた一歩近づいた緑谷出久が、新たなる敵<ヴィラン>たちとひとりの少女と出会いを果たす。

ヒーロー候補生たちは新たな“脅威”と“使命”へ立ち向かう。

この記事では、TVアニメ「僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)(第4期)」の動画【第1話から最終回まで(全話)】無料で視聴できる方法をわかりやすく解説していきます。

この記事のもくじ

TVアニメ「僕のヒーローアカデミア第4期(ヒロアカ4)」の動画を見逃し含めて無料視聴する方法

アニメ「僕のヒーローアカデミア(第4期)」はいくつかの動画配信サービスで無料視聴できます。

ただし全ての動画配信サービスがおすすめできるわけではありません。

  • 1週間で無料視聴期間が終了してしまう…
  • 途中で何度も広告に邪魔される…
  • 無料期間終了後の解約がわかりにくい…

こんな動画配信サービスは使いたくないですよね。

そこで、安心して使える動画配信サービスを紹介します。

無料で使いたいなら無料期間中に解約すればOK!
※解約方法はどれもわかりやすいです。

無料期間終了後もずっと使い続けたい場合は、月額料金を支払うことで継続ができます。

\この作品を配信中のおすすめサービス/
サービス 配信状況 無料期間
U-NEXT
二重丸見放題
31日間無料
hulu
二重丸見放題
14日間無料

動画配信サービスは初めて使うので、とりあえず最初は1つでお試ししたい…!

そんな方にはU-NEXTがおすすめです。

アニメ「僕のヒーローアカデミア(第4期)」は「U-NEXT」で第1話から全話フル動画配信が決定!

「U-NEXT」は完全無料で視聴が可能です。

31日間は無料!期間中は無料視聴できます。

無料期間中に解約すれば、一切料金がかからず楽しむことができますよ!

「anitube」「GoGoAnime」「kissanime」などをはじめとした違法動画サイトでの視聴は絶対にNGです。「広告が無駄に多い」「フル視聴できない」デメリットはそれだけではありません。最悪の場合、スマホやPCがウイルス感染する可能性もあります。安心して楽しむためにも、正規の動画配信サービスを利用しましょう。

TVアニメ「僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)」の詳細

作品名
僕のヒーローアカデミア第4期(ヒロアカ4)
放送日
2019年10月〜
製作会社
キャスト 緑谷出久(CV:山下大輝)
オールマイト(CV:三宅健太)
爆豪勝己(CV:岡本信彦)
麗日お茶子(CV:佐倉綾音)
飯田天哉(CV:石川界人)
轟焦凍(CV:梶裕貴)
切島鋭児郎(CV:増田俊樹)
蛙吹梅雨(CV:悠木碧)
八百万百(CV:井上麻里奈)
通形ミリオ(CV:新垣樽助)
天喰環(CV:上村祐翔)
波動ねじれ(CV:安野希世乃)
サー・ナイトアイ(CV:三木眞一郎)
オーバーホール(CV:津田健次郎)
ファットガム(CV:興津和幸)
壊理(CV:小林星蘭)
公式サイト

放送スケジュール

  • 読売テレビ:2019年10月12日(土)より毎週土曜日17:30~
  • 日本テレビ:2019年10月12日(土)より毎週土曜日17:30~
  • U-NEXT、Hulu、dtv、dアニメストア、アニメ放題、ニコニコチャンネル、Amazonビデオ、みるプラス、J:COMオンデマンド、ビデオパス、バンダイチャンネル、Rakuten TV、VIDEX、HAPPY!動画、アクトビラ、ムービーフルplus、TSYTAYA TV、ビデオマーケット、ゲオTV、PS Video:2019年10月12日(土)17:30より順次配信

あらすじ

超常能力“個性”を持つ人間が当たり前の世界。憧れのNo.1ヒーロー・オールマイトと出会った“無個性”の少年・緑谷出久、通称「デク」は、その内に秘めるヒーローの資質を見出され、オールマイトから“個性”ワン・フォー・オールを受け継いだ。デクはヒーロー輩出の名門・雄英高校に入学し、笑顔で人々を救ける最高のヒーローになることを目指して、クラスメイトたちと試練の毎日を過ごしていた。
宿敵オール・フォー・ワンを倒したものの力を使い果たしたオールマイトはプロヒーローを引退。彼の意志を継いだデクは「プロヒーロー仮免許」を取得し、”最高のヒーロー”にまた一歩近づいた。そんな中、デクは雄英ビッグ3のひとりであり、プロヒーローのサー・ナイトアイの下で「インターン活動」をしている3年生・通形ミリオと出会う。その圧倒的な実力から、デクはプロヒーローの事務所で実際にヒーロー活動を行うインターン活動への意欲を高まらせる。一方、不穏な動きを見せる指定敵<ヴィラン>団体・死穢八斎會の若頭オーバーホールが、オール・フォー・ワンの意志を継ぐ敵<ヴィラン>連合のリーダー死柄木弔と接触。そして、オーバーホールの傍らには、ひとりの少女の姿があったー。
デクの、ヒーロー候補生たちの、新たな”脅威”との戦い、そして”使命”への挑戦が始まる!!

出典:TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』公式サイト

【各話】TVアニメ「僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)」のネタバレ解説・感想

第1話(第64話)【スクープ雄英1年A組】

2019年10月12日土曜放送分

プロヒーローの仮免を取得し、次なるステージに向けて今日も授業に励む雄英高校ヒーロー科1年A組。そんなデクたちが住む寮に、取材で特田種男という新聞記者がやってきた。1-A生徒の寮生活を取材する、というのは表向きな理由で、実は特田は、オールマイトがオール・フォー・ワンを倒した直後の「次は、君だ」という言葉に着目し、彼の後継者が雄英高校にいるのでは?という疑念から特ダネを狙って来たのだった。生徒たちに次々とカメラを向ける特田は、オールマイトと話すデクの姿から、デクが後継者なのでは…と考え―!?

オールマイトが最後に放った一言が、後継者に向けたものではないかと推測する新聞記者・特田が雄英高校を取材に来る。そして特田はデクに目を付ける。オールマイトと話すデクを見かけた特田は、オールマイトが帰った後にデクに話しかける。特田がデクにオールマイトの後継者がいてよかったと言うと、デクは否定も肯定もできず。しかし憶測で記事は書かないと言い特田は去って行きました。
特田が怪しい人物だと思って見ていたら普通にいいやつでびっくりしたw。
これまでのおさらいもかねてクラスメイトを紹介してくれて助かった!アニメ勢だと時期が相手完全に忘れてしまうからね。特にこういう個人個人で能力がまるで違うし、人数が多いと誰がどんな能力なのかごちゃごちゃしてしまう。ただこの作品は能力が割とシンプルで分かりやすいのはありがたい。

第2話(第65話)【オーバーホール】

2019年10月19日土曜放送分

プロヒーローの事務所で活動する「ヒーローインターン」の受け入れ先を探すデクは、オールマイトに彼のかつての相棒(サイドキック)サー・ナイトアイへの紹介を頼む。ナイトアイと袂を分かっていたオールマイトは、ナイトアイの下でインターン活動をしている3年生の通形ミリオを介することを提案する。一方、勢力拡大を目論む死柄木弔率いる敵<ヴィラン>連合のアジトには、死穢八斎會のオーバーホールが現れていた。「計画がある」と死柄木たちに傘下に入るよう話すオーバーホールに対し、死柄木たちは敵意をむき出しにし激突する。

ヴィラン連合の一人がヤクザの若頭・オーバーホールをスカウトする。しかしオーバーホールはヴィラン連合を傘下に入れと挑発。それに抵抗しようとヴィラン連合のマグネが攻撃を仕掛けるが、一瞬でやられてしまう。一方、仮免許を取得したデクはヒーローインターンを目指していた。ミリオの紹介でサーナイトアイのヒーロー事務所にインターンをさせてもらうよう話に行くデク。しかし採用されるためには、サーナイトアイを笑わせてみろと言われる。考えたデクはオールマイトの顔真似をした。
デクの渾身の顔芸面白かったのにすべってかわいそうだった(笑)どうやったらあんな顔芸できるんだ。よっぽどなファンでもあそこまで緻密な顔真似は無理でしょ(笑)まるでコロッケさんみたい。
マグねえ死んじゃった。オーバーホール強すぎる。

第3話(第66話)【ボーイ・ミーツ…】

2019年10月26日土曜放送分

ミリオの紹介でサー・ナイトアイの事務所を訪れたデクは、インターンとして雇ってもらえるように頼む。そんなデクに対して、ナイトアイはある試験をデクに投げかける。果たしてデクはクリアできるのか!?

デクは、3分以内にサー・ナイトアイからハンコを奪えれば、インターンとして採用されることに。デクは必死でナイトアイからハンコを奪おうとするが、「予知」の個性を持つナイトアイからハンコを奪うことはできなかった。しかし部屋をめちゃくちゃにしつつも、オールマイトのポスターなどには触れなかったデクに、オールマイトへの敬意を知ったナイトアイはデクを採用することに。オールマイトの本当の後継者は実はミリオだったことを告げられ、動揺したデクだったが、オールマイトとの訓練を思い出し、自分がオールマイトの弟子であることを改めて胸に刻んだデクだった。
サー・ナイトアイもかなりのオールマイトファンでびっくりした(笑)もしミリオがオールマイトの後継者だったら、個性を2つ持つことになったのかな?オールマイトももともと無個性だったし、個性持ちがワンフォーオールを受け継いだパターンもみてみたい。
ミリオがワンフォーオールの真の後継者だったなんて。デクはかなり複雑な気持ちだろうな。サーナイトアイも自分の教え子のミリオが尊敬するオールマイトの後継者になることを相当に期待していただろうに。ただデクもオールマイトも能力の後継に対して後悔していないみたいだしこれから人間関係が気になる。

第4話(第67話)【抗う運命】

2019年11月9日土曜放送分

ナイトアイの下でインターンとして働くことになったデクは、ミリオとのパトロール中に、怯える少女・壊理と出会う。そこに声をかけてきたのは、ナイトアイがマークしていたオーバーホール!デクとミリオはどう動くのか…?

パトロール中のデクとミリオは、エリという少女と出会う。しかしそこにはナイトアイがマークしている治崎(オーバーホール)の姿が。エリはデクに助けを求めようとするも、治崎の2人に対する殺気を感じ取り、自らデクたちの元から離れていく。その後、デクは、オールマイトにワンフォーオールのことについて問う。6年前、オールマイトはナイトアイとともに活動していたことがあったが、ナイトアイの個性により死を予知されていた。オールマイトは引退し、後継者を探すことを勧められたが、活動を継続。そして結局、ミリオと会う前にデクと出会ったしまったオールマイトだった。
エリちゃんに助けを求められたのに何もできないデク悔しかっただろうな…。ミリオも何とかしてあげたい気持ちでいっぱいだっただろうけど、一旦引いてナイトアイに報告する冷静さは素晴らしい。エリが自分から身を引くほどオーバーホールの個性派やばいんだろうな。果たしてデクたちはこれから勝てるのだろうか?
物語がかなり進展してきた感じだな。これからはヒーローVSオーバーホール&ヴィラン連合の構図になるのかな。それともヴィラン連合との交渉が決裂して三巴の戦いになるのか。そうなってくるとかなり楽しみだな!それにしても最も尊敬しているオールマイトの死を予知してしまったナイトアイは相当ショックだっただろうな…。

第5話(第68話)【ガッツだレッツラレッドライオット】

2019年11月16日土曜放送分

ビッグ3の天喰に紹介してもらいファットガムの下でインターン活動を始めた切島は、大阪でチンピラによる事件に遭遇。危険な“個性”を活性化させる相手に対し、切島は街の人々を守るために新必殺技を繰り出す!

天喰の紹介でプロヒーロー・ファットガムのもとでインターンをすることになった切島。ファットガム、天喰とともに大阪の街をパトロールしていた切島たちはチンピラによる事件に遭遇する。切島と天喰でチンピラを倒すことに成功。しかしチンピラの反撃で銃を食らってしまう天喰。ダメージはそこまでなかったが、なぜか個性が発動しなくなってしまう。そしてチンピラは何かの薬物により個性が強大化。街の人たちに危害が加わらないように、戦う切島。個性の訓練で一定時間硬度を強力にすることに成功していた切島は、なんとか敵を倒す。その後切島は大阪の人たちに賞賛される。
ヒーローで個性出なくなってしまうってかなりショックだろうな…。いわばアスリートの人が、怪我で一生そのスポーツをできなくなってしまうような感じかな。特に天喰は色々と気にしてしまいそうな性格だから、メンタルダメージが大きそう。
個性が暴走する薬物。薬物=ヤクザ。ヤクザ=オーバーホール。色々と事件が繋がってきそうな予感がする。それにしても身をていして戦う切島かっこよかった!

第6話(第69話)【嫌な話】

2019年11月23日土曜放送分

大阪での事件から数日後。デク、切島、お茶子、梅雨ちゃんのインターン組、ビッグ3、相澤やグラントリノらプロヒーローはナイトアイに呼び出され、そこで会議が行われる。天喰が撃たれた銃弾には“個性”そのものを壊す薬物が仕込まれており、薬には人間の血や細胞が含まれていた。薬の出どころは死穢八斎會。若頭のオーバーホールが、対象の分解・修復が可能である自身の“個性”と壊理の体を使って薬を作り出していたのだ!壊理を保護できなかったことを悔やみ責任を痛感するデクとミリオ。彼らは今度こそ壊理を救い出すことを決意する!

ナイトアイは、集めた情報から、死穢八斎會が裏の各組織と接触を続け、薬物を売りさばいていることが発覚したとヒーローやインターン生に伝える。そして、個性を無効化する薬は、人間の血や細胞が入っており、それは治崎の娘エリのものだと推測。エリ救出を目的としたヒーローたちは、治崎の居場所を突き止めるために操作を開始しようとする。相澤に予知を使えば居場所が分かるだろうと提案されるも、ナイトアイはオールマイトの死を予知したことがトラウマとなっており、もう予知は使わないと告げる。
治崎が残忍すぎるな…。次回さっそく拠点が判明するようだし、エリちゃんを早々に救出してほしい。やっぱり、エリちゃんを救出することになるのは、デクとミリオなのかな。今度こそ、成功して欲しい。
ナイトアイは、予測することを拒否していたな。やっぱり仲間の死期を知るのは怖いことだよね。オールマイトは本当に死んでしまうのかな。

第7話(第70話)【GO!!】

2019年11月30日土曜放送分

壊理を救出するため、プロヒーローと警察が捜査を進める一方、デクたちインターン組は何もできず待つことしかできなかった。ギリギリの精神状態の中、飯田や轟からの友達としての言葉に涙をこらえるデク。そんな中、ナイトアイが死穢八斎會の人間と接触、ついに壊理が八斎會の本拠地にいることを突き止めた。デクたちやビッグ3を含むヒーローチームが結成され、壊理救出作戦が始まる!しかし、そんなヒーローたちの動きをオーバーホールは見抜いており、ヒーローたちに対する刺客として、鉄砲玉 八斎衆を差し向ける。

治崎がエリを個性つぶしの弾丸に利用していることを知ったデク、切島、お茶子、梅雨は、治崎の娘:エリを保護したい気持ちが強くなり、学校での日々の訓練に力が入る。そんな中、プロヒーローたちはエリの居場所を捜査し、エリの居場所を突き止め、夜にインターン組にエリ救出決行の連絡が入る。エリは、ナイトアイの個性によって、八斎會の本拠地である組長の家にいることが発覚。ヒーローたちは、警察とも連携し、万全の体制を整えて組長宅へ乗り込むが、八斎會の活瓶力也が現れる。プロヒーローのリューキュウが力也と戦っている間に、みんなは組長宅へ突撃。エリが目的であると察した治崎は、エリを連れて逃走するしようとする。
今回は、ものすごい緊張感だった。自分も突撃するのではないかというくらいの臨場感を感じることができた。デクやミリオが、エリを助け出せなかった後悔を、突撃の活力に換えていることも魅力的。これから熱い展開が待っていると思うと早く続きが見たくてたまらない!
みんなでエリを救出に向かうということだから、今後はヒーローチームの誰かが登場した敵と戦い、その間に他のメンバーが先へ向かう、というのを繰り返して、最終的にミリオとデクがエリのところまで届くのではないかなと予想。治崎は、エリを連れてどこへ逃げる気なんだろうか。

第8話(第71話)【ビッグ3のサンイーター】

2019年12月7日土曜放送分

死穢八斎會の本拠地に突入したデクたちだったが、八斎衆の入中が“個性”によってコンクリート壁を変化させ、行く手を阻む。一刻を争うため、あらゆるものをすり抜ける“個性”でミリオが先行。デクたちは後を追うが、八斎衆から窃野・多部・宝生の3人が立ちはだかる。戦うのは、“サンイーター”のヒーロー名を持つ天喰。「再現」の“個性”で優位に立つが、窃野・多部・宝生の連携で一転して窮地に。天喰は親友・ミリオとの過去を思い出し、ミリオから掛けられた言葉を胸に戦う。「俺は、太陽すら喰らう者(サンイーター)だ」!

八斎會の本拠地に突入したヒーローたちは、八斎衆の入中の個性によって自在に変化する建物に行く手を阻まれる。そんな中、ヒーローたちの前に八斎衆の窃野・多部・宝生が立ちはだかる。みんなで戦おうとするが、天喰が1人で戦うと宣言。天喰を信じたみんなは先へ向かうことに。「再現」の個性で3人を捉えた天喰だったが、3人の連携によってピンチに。追い詰められた天喰は、ミリオとの思い出を思い出す。「結晶」の個性を持つ宝生の一撃が決まろうとしたが、結晶を食らった天喰は決勝を発現させ、3人まとめて倒すことに成功する。
サンイーターの由来が分かってよかった。努力家のミリオと、才能はあるけど心が弱い天喰って本当にいいコンビだな。ファットガムも認めるくらいの強さだから、天喰は本当に強いんだろうな。実際、3人相手に1人で勝ったしね。天喰くんめっちゃ好きやわ。
入中の個性使われたら追うこともできないし、相手にとっては余裕で逃げれるんじゃ…。でもミリオの個性のおかげで壁をすり抜けられるのはうまくできてるな。今回は天喰が活躍したし、次は切島くん頑張るかな。

第9話(第72話)【烈怒頼雄斗(レッドライオット)】

2019年12月14日土曜放送分

死穢八斎會本拠地内を走るデクたち。入中が壁を変化させて“個性”を消せる相澤を狙うが、ファットガムと切島が身代わりとなって、別の部屋に落ちていった。そこで待っていたのは戦闘狂の乱波とバリアの“個性”を持つ天蓋だった。迎え撃つ切島だが、乱波のすさまじいパワーで安無嶺過武瑠(アンブレイカブル)を破られてしまう。「俺はまた何もできねえのかよ…」今の自分と中学時代の出来事を重ねてしまう切島。果たして切島は再び立ち上がれるのか…!?そして、動けない切島を守るために乱波の打撃を受け続けるファットガムだが、彼の秘策とは…!?

地下を変形させる個性をもつ入中が相澤に奇襲をかけるが、ファットガムと切島が身代わりとなり、別の部屋へ落ちてしまう。そこには弾丸のような拳を放つ乱波(ラッパ)と、バリアを使う個性を持つ天蓋(テンガイ)と呼ばれるヴィランが待ち受けていた。いきなりラッパの攻撃を切島が硬化で受けるも、一撃で吹っ飛ばされてしまう。切島は自分の個性を一発で破られたことに精神的に追い詰められるも、ラッパの猛攻を一人で受け続けるファットガムを見て、自分の過去を思い出す。中学時代、自分の個性が地味で弱く、ある日ヴィランを目の前にして恐怖で動けなかった切島。そんな自分を責めていた時、プロヒーローの紅頼雄斗(クリムゾンライオット)のビデオを見て、自分がヒーローを目指したきっかけを思い出した切島は、ヒーローになると決心した。切島が戦意喪失している間にも、ラッパの猛攻を一人で受け続けていたファットガムは、ラッパの猛攻をため込んだ衝撃を放つタイミングを伺っていた。そこに戦意を取り戻した切島がファットガムとラッパの間に割って入り、気合いでラッパの攻撃を硬化で受け続ける。そして切島が作ったこの隙にファットガムが溜めに溜め込んだ衝撃を放つ準備が整い、テンガイのバリアものともラッパとテンガイを吹き飛ばす。
切島の過去が見れた!中学時代は黒髪で、赤く染めたのは高校デビューだったのね。地味な個性だけど、今はこんなに活躍できててよかった。切島の男気は中学時代から変わってないんだな。
天喰に続いて今度は切島の過去。切島と芦戸は同じ中学だったんだな。切島が努力型で、芦戸は天才型って感じだね。これからも他のクライスメイトや登場人物のヒーローを目指したきっかけとか描かれてくるといいな。

第10話(第73話)【出向】

2019年12月21日土曜放送分

デクやナイトアイ、相澤たちは、本拠地内の壁を変化させる入中の“個性”に苦戦し、なかなか前に進めない。そこに、なんと敵<ヴィラン>連合のトガヒミコとトゥワイスが現れ、ヒーローたちに襲い掛かってきた!連合と死穢八斎會が手を組んでいたことに驚きを隠せないデクたち。しかし、連合の仲間であるマグネを殺し、さらに高圧的な態度を取る八斎會を、トガたちは疎んでいた。そんな八斎會と手を組むことを決めたのは、死柄木。トガとトゥワイスは死柄木の真意を図りかねながらも、死柄木の言葉を受け、ある企みを実行に移す…。

意識を失った切島と力を使い切ったファットガムだったが、乱波が立ち上がる。しかし乱波は、奥の部屋で切島の応急処置をするように指示。怪しむファットガムだったが、乱波は元々地下闘技場出身で、自分の攻撃を受け止めた切島を認めており、切島と再戦したいと告げる。そして乱波は、オーバーホールの目的がヤクザの復権であることを明かす。一方、ナイトアイたちは入江の攻撃により、壁や天井が迫ってきていた。しかしロックロックの個性により壁が固定されると、入江は今度はヒーローたちを分断する作戦に。分断されたロックロックのもとにトガが現れ、攻撃。異変を感じたデクとイレイザーが壁を壊し、中に入るもそこには2人のロックロックが。イレイザーの個性によってトガの姿が現れる。一方、ナイトアイの前にはトゥワイスが現れる。
ついに敵連合が登場!八斎會+敵連合が相手となると、ヒーローたちもしんどいかな。トガはデクとあえて嬉しそうだけど、この後どうなるのか。ナイトアイは予知の個性だけど、それを使ってどう戦うのかも気になる。
敵にも漢気があって助かった切島とファットガム。やっぱり敵の中にもそこまで八斎會のことを信仰しているわけじゃないやつもいるってことかな。

第11話(第74話)【ルミリオン】

2019年12月28日土曜放送分

壊理を連れたオーバーホールに追いついたミリオ!しかし、オーバーホールに連れ従う酒木と音本が立ちはだかりピンチに。それでも、自らの弱さを認めながら歩んできたミリオは酒木と音本を撃破し、ついに壊理をその腕に抱き寄せる。壊理を取り戻すため、すさまじい攻撃を繰り出すオーバーホールだが、それでもミリオはその実力でオーバーホールを追い詰めていく。そんなミリオを、“個性”を壊す薬物が仕込まれた銃を手に狙う音本。「透過」の“個性”を持つミリオに銃弾を撃ち込むには…?音本は狙いを別に定め…!

ミリオが壊理に追いつきオーバーホールと対面。そこへ酒木泥泥と音本真が登場し、ミリオに攻撃。酒木の個性「泥酔」によって方向感覚を奪われ、更に音本の本音を言わせる個性によって心を折られそうになるミリオ。しかしナイトアイから教わった戦い方を駆使し2人を倒す。そこでオーバーホールが個性の再生と破壊の力によってミリオを追い詰める。そして、オーバーホールからの壊理を狙った攻撃を守ったミリオに、音本が個性を奪う弾丸を当てる。ミリオは個性を奪われも、そのまま無個性の状態で戦い続ける。
今回は、ミリオの活躍回!戦闘のシーンはかなり熱かった!自己犠牲を笑顔で実行という言葉通りでミリオは真のヒーローって感じだった。個性を奪われて心配したけど、それでも戦うミリオに感動するしかない。
ミリオ個性奪われちゃったけど大丈夫かな?天喰は個性を奪われてもすぐに回復したからよかったけど、今度はどうなるだろう。今こそデクがやってきて、2人でオーバーホールを倒してほしい!

第12話(第75話)【見えない希望】

2020年1月4日土曜放送分

銃弾を撃ち込まれたミリオは、“個性”を失った。それでもミリオは、壊理を守るためにオーバーホールたちとたったひとりで戦う。そこに、間一髪のところで、デクやナイトアイたちが駆け付けた!形勢逆転かと思われたが、オーバーホールは壊理を渡すまいと、部下の音本を分解し自らと融合させて、4本の腕を持つ恐ろしい姿に変貌する。懸命に立ち向かうナイトアイだが、“個性”を発動しても対処しきれず、さらに絶望的な未来を「予知」してしまう。そして、「おまえのせいで人が死んでいく」そうオーバーホールに言われ、壊理がとった行動とは…?

個性を失ったミリオのもとにデクが現れ、オーバーホールと対峙する。相澤とナイトアイも登場。ナイトアイはミリオと壊理の保護を、相澤とデクでオーバーホールに立ち向かう。しかしそこに倒れていた治崎の部下・玄野によって相澤は地下へと連れていかれ、拘束される。個性を消せる個性を持つ相澤を連行したいとのこと。その後ナイトアイは、ミリオたちをデクにまかせ、1人でオーバーホールと戦闘する。しかしオーバーホールは音本と融合し、ミリオとの戦闘の傷が完治し、強力化する。先読みをしながら戦うナイトアイだったが、オーバーホールに体を貫かれてしまう。デクは再びオーバーホールと対峙。壊理を連れて行こうとしていたミリオは倒れ込み、オーバーホールの声かけで壊理がオーバーホールの元へ戻ろうとしてしまう。そしてナイトアイは、デクが負け、治崎が逃げる未来を予知してしまう。そこへ上階からリュウキュウたちが雪崩れ込んでくる。
最近のヒロアカは熱すぎる!今回はナイトアイと治崎の戦いがかっこよかった。戦闘向きじゃない個性でも、個性をうまく利用して治崎に応戦してた。最終的にはやられてしまうけど、死んだ理しないよね…?回想の、未来はどうしても変えられないということと、治崎が逃げる未来が見えたというのが繋がってもうダメそう。
ミリオは個性を永遠に失ってしまうのか…。普通だったらメンタルやられそうだけど、ミリオだからなんとか前向きに考えて、無個性のままヒーローを続けれそうだけど。ロックロックの奥さんめっちゃ美人なのに、子供は完全にロックロックだったのは笑った(笑)

第13話(第76話)【無限100%】

2020年1月11日土曜放送分

「君を救ける!!」デクが壊理に叫んだその時、八斎會を裏切った敵<ヴィラン>連合の誘導により、巨大なドラゴンの姿となったリューキュウが天井をぶち抜き現れた。その穴から壊理を連れ逃げようとするオーバーホールだったが、ミリオやデクの思いを受けた壊理の“個性”が突如発動、音本と融合した姿から元の姿に戻され、壊理を手放してしまう。しっかりと壊理を抱きとめたデクは、誰にも心配させることのないくらい、必ず勝って必ず助けるヒーローになるという信念の下、再び巨大な姿へと変貌したオーバーホールを前に、壊理を背負い立ち向かう!

諦めないヒーロー達に壊理ちゃんがやっと助けを求めてくれて自分の持っている力を発動した。ようやく壊理ちゃんの力が生命を無にかえす能力だって事が分かってスッキリしました。緑谷くんが全力だしても壊れないから化け物みたいになったオーバーホールと戦う事が出来てやっと倒せた時は安心しました。サー・ナイトアイの予知も外れたし壊理ちゃんを助けることが出来て良かった。そういえばヴィラン連合はどこ行ったのかな。
デクが壊理を保護できたのですが、そのままオーバーホールとの戦闘になって無意識に全力の力を使ったと思ったデクは体が壊れておらず、それが壊理の能力で体が壊れてないことに気づき、デクは壊理をしょったまま全力のパワーで戦っていました。壊理の能力ありきではありますが全力で能力を使用しているのはすごくカッコイイ戦闘シーンでした。

第14話(第77話)【明るい未来】

2020年1月18日土曜放送分

ワン・フォー・オールを100%で解放、それにより負う怪我を壊理の“個性”で巻き戻す。命の危険と隣り合わせな方法だが、「壊理を救ける」という一心でオーバーホールに立ち向かったデクは、戦いに勝利し壊理の救出に成功した。ナイトアイが見た未来を、デクは“捻じ曲げた”のだった。オーバーホールは逮捕、警察車両で移送されるが、その道中に死柄木たち敵<ヴィラン>連合が姿を現す―!そして、オーバーホールとの戦いで瀕死の重傷を負い、病院に緊急搬送されるナイトアイ。彼がミリオに見る未来とは…?

緑谷くんは壊理ちゃんを抱えながら戦って、壊理ちゃんの力のおかげで100%で戦えたけど壊理ちゃんの力が止まらなくてどうしようかとドキドキしていました。相澤先生が止めてくれて助かったけど、壊理ちゃんは病院で隔離されてしまいましね、可哀想ですが仕方ないですよね。サーナイトアイのためにオールマイトが駆け付けたときは駄目なのかと思って悲しかったです。自分の思いを語って死んでしまって、もう会えないのが寂しい。
長い戦いがやっと終わって安心できそうだったのに、ヴィラン連合登場で何が起きるのかちょっとワクワクしました。死柄木がオーバーホールの個性を奪った時は怖かったけど、薬も手に入れたし次は何をしてくれるのか楽しみです。サーナイトアイはオールマイトの未来を変えてくれるかも知れない緑谷に希望をたくし、オールマイトとミリオと話をしてるけど死んでしまうと思うと号泣でした。何とも言えない焦燥感で胸がいっぱいです。

第15話(第78話)【燻る炎】

2020年1月25日土曜放送分

エオーバーホールの手からエリちゃんを救出したデクたちだったが、サー・ナイトアイの死という大きな犠牲を払っての結果だった。師であるナイトアイと“個性”を一度に失ったミリオを見舞ったデクは、それでも前向きなミリオの言葉に逆に勇気をもらうことに。お茶子、切島、梅雨ちゃんらも同じく、今回の事件を受けて決意を新たにし、4人は雄英寮へと帰ってきた。そんな中、爆豪と轟は、以前落ちたプロヒーロー仮免試験への再挑戦のための補講へと向かう。そこには、仮免試験で顔を合わせた夜嵐イナサら士傑高校のメンバー、そしてエンデヴァーの姿があった。

グラントリノと塚内刑事が黒霧を捕えようとした時、巨人が現れギリギリで逃げてこられたけど塚内刑事が血を流していて大丈夫かな。ミリオは個性を失ってしまったけど前向きで明るいね。さすが次のオールマイト候補って言われただけあるよ。戦闘に参加したA組4人のそれぞれの思いがやりきれなくて涙が出ます。頑張ったんだからゆっくり休んで欲しいです。A組の他の皆が待っていてくれて仲間って良いなって思いました。
A組の4人は退院することになりますが、心は戦いの時の反省ばかりで沈んでいて励ましてあげたくなります。ヴィラン連合は次なる手を考えているようだし、巨人も仲間みたいだしどうやって倒すのって不安になります。爆轟と轟は仮免許講習に参加中で士傑高校の3人が登場で懐かしい。エンデバーも登場しオールマイトに話があるみたいだけど何だろう。息子には相手してもらえなくて可哀想。ヒーローなのに悪役っぽくて笑えます。

第16話(第79話)【掴めガキ心】

2020年2月1日土曜放送分

プロヒーロー仮免再試験の補講に臨む爆豪と轟、士傑高校の夜嵐イナサと現見ケミィ。そこに、以前仮免試験で敵<ヴィラン>役を務めていたギャングオルカが再び登場。爆豪たちが試験に落ちた理由は「ヒーローとしての≪心≫」にあるとし、彼らに課された補講は「問題児だらけの小学生たちと心を通わせる」というものだった!ひとクセふたクセある大暴れの子どもたちに爆豪たちは四苦八苦する。一方、爆豪と轟の引率で会場にやってきていたオールマイトは、エンデヴァーからトップヒーローとしての悩みを打ち明けられる。オールマイトの答えは…?

轟と爆豪の仮免再試験の補講は子供達と仲良くなることですが、先生の言う事を全く聞かない悪ガキ達で騒ぎっぷりが素晴らしいですね。3人とも子供苦手そうだし、それぞれのやり方を試みるが全然だめだし、逆に言いくるめられて笑えました。プレゼントマイクは実況始めちゃうし、肉倉もいつの間にか実況に加わって、一応補講なのに自由だな。3人は自分達の個性を見せる事にし、子供達も戦う気になっちゃって面白くなってきました。
補講には結構な人数が参加していて落ちた人も多かったんですね、エンデヴァーが大声で轟を応援するから目立っちゃって親バカだな。オールマイトに平和の象徴について聞くとはエンデバーなりに悩んでいることに驚きでした。試験官の目良の疲れっぷりがヤバくて笑えるし、ギャングオルカが再登場して嬉しかった。すっごい熱血教師っぽいけど生徒をけなしてますよね。3人だけ別メニューはヒーローの心を掴めるのか楽しみです。

第17話(第80話)【ホッコれ仮免講習】

2020年2月8日土曜放送分

プロヒーロー仮免補講で、爆豪たちに対して子どもたちは本気で勝とうと“個性”を次々に繰り出してくる!それに対して爆豪、轟、夜嵐、ケミィは、子どもたちに「かっこいい」「すごい」と思わせることが必要だと、それぞれの“個性”を生かして巨大な氷の滑り台や幻想的なオーロラを作り出した!笑顔いっぱいになる子どもたち。4人は見事補講の課題をクリアするのだった。それを見ていたエンデヴァーの轟への心情にも変化が…。そしてある日、デクはクラスメイトの青山から理解不能な行動で迫られて…!?果たして青山の狙いとは?

子供達が本気で力を使ってきたけど、爆豪達は動揺せず作戦通りに爆豪の氷と火でジェットコースターを作って驚きと楽しさを教えるなんて素晴らしいです。プレゼントマイクが先生っぽくてビックリ。流石プロヒーロ!いつもとのギャップがカッコいい。エンデヴァーが少し優しくなったようで良かったんじゃないかな。息子とも仲良くなれる日も近いかも頑張れ。サー・ナイトアイのお葬式は悲しかったけど再登場は嬉しかった。
爆豪と轟の仮免許補講は無事にクリア出来たし、現見ケミィの幻で轟のキザなセリフが見れたのが面白かった。爆豪の本音でリーダーの少年の心を掴んだのもカッコ良かった。なんか少し優しくなったような気がします。学校では青山くんが緑谷にチーズをくれるようになって怖い。夜中にベランダに一言って脅迫っぽいし、自分と同じだからと気遣ってくれてるらしいけど仲良しになるにはちゃんと言葉にした方が良いよね。

第18話(第81話)【文化祭】

2020年2月15日土曜放送分

雄英高校の文化祭に向けてヒーロー科1年A組はクラスの出し物を決める会議を行うがまったくまとまらず、その夜寮で再度話し合う。ヒーロー科以外の科の生徒たちも含め全員が楽しめるものを提供する、という発想と、仮免補講での経験をもとに連想した轟からの提案もあり、皆を笑顔にするため、ダンスは芦戸、バンドは耳郎を中心としてステージをすることに。そして翌日、エリを見舞ったデクとミリオは、いまだ治崎の呪縛から解かれず笑うということを知らないままのエリを文化祭に招待することを決める。そんな中、動画サイトを密かに賑わせている謎の2人が暗躍していた―。

英雄高校も色々な科があるから文化祭はとても楽しみです。A組は意見出過ぎでしょ。他の科の生徒を楽しませようとダンスとバンドに決まったけど、誰が何をやるのかな。壊理ちゃんは元気になって角も小さくなったらしいけど笑顔が分からないなんて可哀想です。緑谷が文化祭に誘ったのは危険があるかも知れないけど良い提案。ミリオが休学中で案内してくれるから大丈夫。何言ってるか分かんないけど大丈夫だよね。
文化祭の出し物を決めるのは生徒だけど相澤先生寝ちゃって通常運転に戻ったな。全員が違う意見を言って飯田がちゃんと返事するのが面白い。全然決まらなくて寮に持ち帰ったけど少しリラックスして話が進んだかも。バンドとダンスってちょっと心配だけど面白そうだし、壊理ちゃんも遊びに来るし楽しみだな。犯罪行為を動画サイトに上げてるヴィランって何者。自分を偉大にする案件って何だよ、屋上で紅茶ってお笑い系かな。

第19話(第82話)【文化祭って準備してる時が一番楽しいよね】

2020年2月22日土曜放送分

動画サイトにどこかしょうもない犯罪行為の動画をアップしている謎の2人組、ジェントル・クリミナルとラブラバ。より注目度を集めるために、2人は雄英文化祭襲撃を計画する。その文化祭に向けた準備を進める1年A組はバンドメンバーを選定。持ち前の“才能マン”ぶりを発揮した爆豪がドラム、そしてステキな歌声を披露した耳郎がボーカル、そのほかのメンバーも決まった。ダンス隊、演出隊それぞれのメンバーに分かれ、本格的な練習と準備がスタートする。そんな中、オールマイトから呼び出されたデクは“個性”ワン・フォー・オールの次のステップに進むことに!

文化祭の準備って楽しいよね。バンドとダンスと裏方チームとそれぞれ決定して気合が入るA組は団結力があっていいね。あの爆豪でさえ理屈ヤバイけどドラムやるとか自分達のためにやろうみたいな事言って、普通にしてたらイケメンなんじゃないの。ジェントルとラブラバが英雄高校を狙っているけど壊理ちゃんも来るから心配だな。壊理ちゃんの私服が可愛くて普通の女の子に見えて良かった、文化祭を楽しんで欲しいな。
ラブラバが削除された動画をアップして惚れ直しているのが意味分かんないし、ジェントルは紅茶を入れられなくて笑える。英雄高校の文化祭を狙ってるけど、侵入しても、失敗しても心配だな。常闇のギターは凄い似合ってる。耳郎のボーカルはめっちゃ上手で凄く期待出来そう。緑谷は力の使い方についてオールマイトに相談して次にやる事が見つかったみたいで良かった。近いうちに更に強くなった緑谷が見れそう。

第20話(第83話)【ゴールドティップスインペリアル】

2020年2月29日土曜放送分

文化祭に向けて練習を始めた耳郎たちバンド隊と芦戸率いるダンス隊。轟たち演出隊もアイデアを出し合う。ある日、雄英高校にエリがやってきた。文化祭本番を前に雰囲気に慣れさせようと相澤とミリオが連れてきたのだ。デクとミリオに校内を案内してもらう中、文化祭の演劇の準備をするB組、ミスコンに臨むねじれたちの様子を見たエリは初めてワクワクする気持ちを味わう。また、デクはサポート科の発目と再会し、彼女にあるアイテムの開発を頼むのだった。一方、雄英文化祭当日が迫る中、ジェントル・クリミナルとラブラバは互いの絆を確かめ合い、襲撃成功を心に誓う―!

ミリオの桃尻一発ギャグはタイミングが悪くて笑える。壊理ちゃんの洋服姿かわいかった!校内を案内している時の壊理ちゃんがミリオのジャケットの裾を持っているのもかわいい。B組の物間は相変わらずA組に敵意むき出しでウザい…。波動ねじれがミスコンに出るらしいがセクシー衣装に緑谷が動揺して面白い。サポート課発目明も久々の登場!ジェントルが文化祭の日に侵入しようとしていて色んな意味で心配。
壊理ちゃんが文化祭の準備を見学して色々な人達に会って、当日を楽しみにしてくれたみたいでよかった。緑谷はダンス隊をクビになったけど下手だったのかな…。青山を運ぶ演出って驚きはあるかもね。早朝にオールマイトと訓練なんて努力家だね。発目さんにまたアイテムを依頼してたなんて出来上がるのが楽しみ!ジェントルが雄英高校へ行く途中に喫茶店で幻の紅茶を飲みたいとか八百万と同じ銘柄じゃん。侵入計画は完璧で凄いかも。

第21話(第84話)【デクVSジェントル・クリミナル】

2020年3月7日土曜放送分

いよいよ文化祭当日がやってきた。ワン・フォー・オールの朝練中に発目からサポートアイテムのグローブを受け取ったデクは、そのままステージの小道具を買いにホームセンターに向かう。すると文化祭襲撃直前のジェントル・クリミナルとラブラバと遭遇!2人が動画サイトを賑わせている敵<ヴィラン>だと気づいたデク、襲撃を成功させたいジェントル、2人の戦いが始まった!もし雄英を襲撃されたら、その時点で文化祭は中止になってしまう…。デクはジェントルを止めようと、発目のアイテムを使った新技で応戦する。一方のジェントルも“個性”でデクの行く手を阻む!

文化祭前日は遅くまで準備して楽しそう。普通の高校生活が久しぶりだから良い思い出になって欲しい。発目が朝練にいきなり現れて新装備をくれたのはテンション上がったけど、真っ黒で汚いな。ホームセンターが喫茶店の横とは凄い偶然。ジェントルも紅茶好きが災いして話しかけちゃうとか笑える。ジェントルの個性で空気の膜に引っかかった緑谷の顔がブッサイクで笑える。道路をドランポリンに変えるのも面白いな。
文化祭の練習でロープがボロボロなのは頑張りの証拠だ。ジェントルと出会うのは必然だったんだね。ワクワクさんだよって楽しみにしている壊理ちゃんが凄く可愛い。耳郎がアドバイスノートを作ってくれて皆が頑張ってるのがカッコ良いよ。発目のグローブで空気砲が当たったのは良いけど威力が弱かったね。ジェントルの個性が以外に厄介で捕まえられないのが悔しいな。開演までのカウントダウンが緊張感を誘うな。

第22話(第85話)【開催文化祭!】

2020年3月14日土曜放送分

文化祭当日の朝、まさに雄英襲撃直前のジェントル・クリミナルとラブラバと遭遇したデク。ジェントルのトリッキーな動きと“個性”に苦戦するが、新技「エアフォース」を駆使してジェントルを追い詰めていく。しかし「愛」を囁いた相手をパワーアップさせるラブラバの“個性”により、戦いは互角に。一方、クラスメイトたちはデクがまだ戻ってきていないことに気づくも事態を知らず、心配を募らせる。それぞれ辛い過去を経て悪の道に走ったジェントルとラブラバ。「辛い思いをしてきた人を救けるヒーローになりたい」という想いを走らせるデク。デクvsジェントル、決着!

B組の物間が拳藤をミスコンに推薦したんだね。相変わらず物言いが悪いな。ミスコンは拳藤と波動と絢爛崎美々美の女の戦いは面白そう。絢爛崎がベルばらっぽいのにまつ毛が凄すぎて笑えるわ。緑谷はジェントルの個性の痕跡を使うなんて賢い。二人を捕らえたけど二人は諦めてくれなかったね。ラブラバが傷ついていた時に受け入れてくれたのがジェントルだったのは泣けるわ。二人の愛を見たら逃してあげたかったな。
壊理ちゃんはタクシーでミリオと一緒に来るようだけど、緑谷くんワクワクさんだねって壊理ちゃんが可愛いからいっか。ラブラバの個性が愛って見た目通りで可愛い。ジェントルは強くなって緑谷と必要に戦うのは何者かになりたかったとか切ないな。でも緑谷の方が強かったね。これまでの経験や訓練が役にたったみたいでよかった。倒れたジェントルを見て必死に訴えるラブラバが可哀想。ラブラバを守るために自首するなんて愛だね。

第23話(第86話)【垂れ流せ!文化祭!】

2020年3月21日土曜放送分

ジェントルを倒したデク。現場には雄英教師のハウンドドッグとエクトプラズムが駆け付け、ジェントルとラブラバは拘束された。デクは急いで文化祭のステージへと向かう。会場にはミリオやエリたちをはじめ、たくさんの観客の姿が。そしていよいよ、雄英ヒーロー科1年A組のステージがスタート!「雄英全員、音でやるぞ!」とドラムを叩く爆豪、「よろしくお願いしまぁす!」の声と同時に歌いだす耳郎、音をかき鳴らすバンド隊、芦戸を中心に軽快に踊るダンス隊、それぞれの“個性”を生かして盛り上げる演出隊。会場を興奮が包んでいく。果たして、エリを笑顔にできるのか―!?

ジェントルがラブラバを庇って自首し、ラブラバが泣いて縋ってお互いを想い合っていて感動した。ステージはつかみに爆轟が爆発起こして、耳郎の透明感ある歌声が上手で、青山のネビルレーザーがキラキラで、個性を使った仕掛けが楽しい。耳郎が音楽かヒーローかで迷っていた回想が泣けるわ。壊理ちゃんが両手広げて喜んでくれて、ミリオがサーの名前だすから号泣。
ラブラバを思うジェントルとジェントルが大好きなラブラバの想いが切なくて泣ける。緑谷が間に合うか心配だったけど、ステージはA組を良く思ってなかった人達にも壊理ちゃんにも楽しんでもらえて良かった。壊理ちゃんが緑谷に感想を言ってる動作が可愛い。ミスコンは絢爛崎美々美が黄金メカとか凄いな。ねじれは波動の光でバラ描いちゃうとか綺麗だった。ジェントルの取り調べた刑事はいい事言うな、ツッコミも最高でした。

第24話(第87話)【ヒーロービルボードチャートJP】

2020年3月28日土曜放送分

秋深まる11月、現役プロヒーローのランキング「ヒーロー・ビルボードチャートJP」が発表された。名だたるヒーローたちが上位にランクインする中、1位にエンデヴァー、2位に若干22歳のホークスが名を連ねる。発表のステージ上で他のヒーローたちに挑発的な態度を見せるホークスに対し、エンデヴァーは多くは語らず、前を見据えて「俺を見ていてくれ」とNo.1ヒーローとしての姿勢を示す。その後控室で、ホークスはエンデヴァーにチームアップを提案。敵<ヴィラン>連合の“改人”脳無目撃の話をし、後日エンデヴァーと博多で合流するが、そこに新型の脳無・ハイエンドが急襲する―!

壊理ちゃんの髪を結ってあげて可愛い。ツノが少し大きいけど、皆でワイワイやっているのは平和を感じる。ラグドールが回復して良かったね。活動を再会した理由が男前でカッコいい。チャートは初お目見えのヒーローもいて楽しかった。ベストジーニストが3位だったけど、まだ休職中なのが心配だよ。エンデヴァーがホークスに煽られても一言で全てを語ったのはカッコ良かった。ホークスは情報収集が凄いな。
雄英高校に壊理ちゃんがいるのは安心する。万が一の時は相澤先生がいるから頼りになるし、ミリオが傍に入れば心強いね。プッシーキャッツ達がやって来た。しかも私服だ。虎が男服だ。ラグドールは個性を奪われたままなのは残念だよ。捕まってるけどオール・フォー・ワンは何かやりそうで恐いな。ホークスは街で声掛けられていて意外。突然、脳無が襲ってきたのはビックリ。二人は気配で分かっちゃうなんて流石だな。

第25話(第88話)(最終回)【始まりの】

2020年4月4日土曜放送分

新型の脳無・ハイエンドが急襲し、エンデヴァーとホークスが立ち向かう。しかしハイエンドの実力は恐るべきものだった…!果たしてエンデヴァーとホークスは勝利を掴み、人々を救けることができるのか!?