【Fairy gone(フェアリーゴーン)】アニメ無料動画の全話フル視聴まとめ

P.A.WORKS制作のオリジナルTVアニメ「Fairy gone フェアリーゴーン」が放送開始!

2019年10月から第2クール突入!

監督を「ジョジョの奇妙な冒険」や「はたらく細胞」などを手がけた鈴木健一、シリーズ構成・脚本を「灰と幻想のグリムガル」で知られる小説家・十文字青が担当。

この記事では、TVアニメ「Fairy gone(フェアリーゴーン)(第2期)」の動画【第1話から最終回まで(全話)】無料動画視聴できる方法をわかりやすく解説していきます。

さらにアニメを見て「コミック版も読みたい!」という方のために、コミック版を無料で読む方法も詳しく紹介中です。

TVアニメ「Fairy gone」の動画を見逃し含めて無料視聴する方法

アニメ「Fairy gone(フェアリーゴーン)」は約20の動画配信サービスで無料視聴できます。

ただし全ての動画配信サービスがおすすめできるわけではありません。

  • 1週間で無料視聴期間が終了してしまう…
  • 途中で何度も広告に邪魔される…
  • 無料期間終了後の解約がわかりにくい…

こんな動画配信サービスは使いたくないですよね。

そこで、安心して使える動画配信サービスを紹介します。

無料で使いたいなら無料期間中に解約すればOK!
※解約方法はどれもわかりやすいです。

無料期間終了後もずっと使い続けたい場合は、月額料金を支払うことで継続ができます。

\この作品を配信中のおすすめサービス/
サービス 配信状況 無料期間
見放題
31日間無料
見放題
31日間無料
見放題
14日間無料
見放題
31日間無料

動画配信サービスは初めて使うので、とりあえず最初は1つでお試ししたい…!

そんな方にはU-NEXTがおすすめです。

アニメ「Fairy gone(フェアリーゴーン)」は「U-NEXT」で第1話から全話フル動画配信が決定!

「U-NEXT」は完全無料で視聴が可能です。

31日間は無料!期間中は無料視聴できます。

無料期間中に解約すれば、一切料金がかからず楽しむことができますよ!

アニメを見ると、コミック版も読みたくなりますよね。

コミック版は、放映中アニメの「さらに先のストーリー」まで一気読みが可能!

そんなFairy gone(フェアリーゴーン)のコミック版を無料で読む方法があります。

Fairy gone(フェアリーゴーン)のコミック版を無料で読む方法はこちら

「anitube」「GoGoAnime」「kissanime」などをはじめとした違法動画サイトでの視聴は絶対にNGです。「広告が無駄に多い」「フル視聴できない」デメリットはそれだけではありません。最悪の場合、スマホやPCがウイルス感染する可能性もあります。安心して楽しむためにも、正規の動画配信サービスを利用しましょう。

Fairy gone(フェアリーゴーン)のコミック版を無料で読む方法

Fairy gone(フェアリーゴーン)のコミック版漫画は、これから紹介する電子書籍サイトで無料で読むことができます。

もちろん漫画村のような違法サイトではありません…!しっかりとした正規の電子書籍サイトです。

サービス 配信状況 無料期間
U-NEXT
※おすすめ
ポイントで今すぐ無料で読める
31日間無料
ポイントで今すぐ無料で読める
30日間無料
FODプレミアム
※おすすめ
ポイントで今すぐではないが無料で読める
※無料で読める冊数が一番多いのはFOD
31日間無料
「ひかりTVブック」でも実質無料でコミック版を読むことができます。ただしは「ひかりTVブック」は“解約ができない”などのトラブルが多いため、あまりオススメできません。また月額コースがいくつか用意されていますが、登録月無料なのは440円コースと990円コースのみなので気をつけましょう。

電子書籍サイトは漫画がアプリやブラウザで読めるサービスです。

上記のサービスには全て無料期間があり、無料期間中にポイントが貰えます。

そのポイントでFairy gone(フェアリーゴーン)を無料で読むことが可能です。

たとえばU-NEXTであれば、無料登録時に462ポイントをもらうことができます。

U-NEXTではFairy gone(フェアリーゴーン)1冊読むのに、660ポイントが必要です。

U-NEXTの600ポイントで読めるのは1冊までですね!

FODプレミアムはやや特殊で無料登録時に100ポイント、8のつく日(8・18・28)にログインして各400ポイント(合計1200ポイント)を受け取ります。

FODプレミアムの無料期間中に受け取れる1300ポイントで読めるのはFairy gone(フェアリーゴーン)3冊です。

無料で読める冊数が一番多いのはFODプレミアムですね!

各サービスの無料で読める「Fairy gone(フェアリーゴーン)」の冊数は以下の通りです。

サービス 無料で読める冊数
ユーネクスト

最大1冊
※おすすめ
music.jp

最大1冊
FODプレミアム

最大3冊
※おすすめ

TVアニメ「Fairy gone」の詳細

作品名
Fairy gone フェアリーゴーン(第2クール)
放送日
2019年10月〜
話数
全-話
製作会社
キャスト マーリヤ・ノエル(CV:市ノ瀬加那)
フリー・アンダーバー(CV:前野智昭)
ヴェロニカ・ソーン(CV:福原綾香)
ウルフラン・ロウ(CV:細谷佳正)
クラーラ・キセナリア(CV:諏訪彩花)
セルジュ・トーヴァ(CV:中島ヨシキ)
ネイン・アウラー(CV:園崎未恵)
ダミアン・カルメ(CV:子安武人)
マルコ・ベルウッド(CV:大塚芳忠)
レイ・ドーン(CV:津田英三)
リリー・ハイネマン(CV:種﨑敦美)
ロバート・チェイス(CV:沖野晃司)
エレノア・ニード(CV:小松未可子)
オズ・メア(CV:間宮康弘)
グリフ・マーサー(CV:津田健次郎)
カイン・ディスタロル(CV:麦人)
アクセル・ラブー(CV:川田紳司)
“スウィーティー”ビター・スウィート(CV:寿美菜子)
パトリシア・パール(CV:井口裕香)
ジョナサン・パスピエール(CV:興津和幸)
ビーヴィー・リスカー(CV:江川央生)
ソフィー(CV:伊藤静)
シュヴァルツ・ディーゼ(CV:土師孝也)
ジェット・グレイブ(CV:東地宏樹)
ユアン・ブリーズ(CV:乃村健次)
チマ(CV:古賀葵)
イージェイ・ダーヴェン・ソー(CV:安元洋貴)
公式サイト

放送スケジュール

  • TOKYO MX:2019年10月6日(日)より毎週日曜日24:00〜
  • BS11:2019年10月6日(日)より毎週日曜日24:00〜
  • MBS:2019年10月8日(火)より毎週火曜日26:30〜
  • AT-X:2019年10月6日(日)より毎週日曜日24:00~
  • dTV、Amazonプライムビデオ:2019年10月6日(日)より毎週日曜日24:00〜
  • AmebaTV:2019年10月9日(水)より毎週水曜日22:30〜
  • ニコニコ生放送:2019年10月9日(水)より毎週水曜日23:30〜
  • U-NEXT、ニコニコチャンネル、dアニメストア、Google Play、YouTube、GYAO!ストア、GYAO!、ひかりTV、FOD、HAPPY動画、Hulu、J:COMオンデマンド、ビデオパス、milplus、TVer、MBS動画イズム、NETFLIX、PlayStationVideo、RakutenTV、TSUTAYA TV、VIDEX、あにてれ、アニメ放題、ゲオTV、バンダイチャンネル、ビデオマーケット、ふらっと動画、ムービーフルPlus:2019年10月9日(水)より毎週水曜日24:00〜

あらすじ

かつて妖精は、“兵器”だった―。
この世界には、動物に憑依することで不思議な力を宿す妖精が存在していた。
妖精が憑依した動物の臓器を摘出し、人間に移植することで、妖精を分身として出現させ、兵器として扱えるようになる。
妖精を戦争の道具として自在に操る兵士たち、彼らは『妖精兵』と呼ばれた。
だが、長きにわたる戦争が終結すると、彼らはその役目を果たし、行き場を失ってしまう。あるものは政府に、あるものはマフィアに、あるものはテロリストに、
それぞれの生きる道を選択していった。

戦争から9年の歳月が経つ。
未だ不安定な政治情勢の中、戦争によって受けた傷や過去を持つ犯罪者が現れ、
復讐のためテロを起こすようになっていた。
主人公の少女マーリヤは、ある事件に関わった事から妖精に関連する事件を捜査・鎮圧する違法妖精取締機関『ドロテア』に入隊することとなる。

これは、無秩序な戦後に抗い、それぞれの正義を求め戦う
『妖精兵』たちの物語―

出典:TVアニメ『Fairy gone』公式サイト

【各話】TVアニメ「Fairy gone」のネタバレ解説・感想

第1話(第13話)【雨音の罪と白雪の罰】

2019年10月6日日曜放送分

大きな傷跡を残した「ディーゼの反乱」。
皇帝の前にたどり着いたディーゼの前に立ちはだかり、その野望を阻止したレイ・ドーン。『救国の英雄』の胸に去来するのは十二年前にマーリヤとヴェロニカ、そして自らの故郷スーナを焼いた苦い記憶──。

妖精郷スーナは守人が妖精と共生しつつ生活していた。しかしある日、巨大な妖精が暴れ出す。その日に産まれたマーリヤは「災いの子」として忌み嫌われるようになる。その後、マーリヤはレイの兄であるユルゲンに育てられていた。いじめにあっていたマーリヤをヴェロニカが救ってくれた。しかし、そこに戦争で名を上げたレイが戻ってくる。彼は妖精という巨大な力をつむために、森に火を放ち、妖精を滅ぼそうとした。マーリヤはヴェロニカの助けもあり、村から逃亡。その後、彼女はヴェロニカを探すためにドロテアへと加入し、ヴェロニカはレイへの復讐のために機会をうかがっていた。

回想シーンで新規の人にもありがたいが、1クール目を見ていた人にとっても重要な回だったと思う。
1クール目よりは理解しやすくて面白かったが、相変わらず登場人物が多く、難しい点もある。

第2話(第14話)【歯車がとまる城】

2019年10月13日日曜放送分

皇帝を救ったレイ・ドーンが領地へ戻ることになった。ドロテアはレイ・ドーンの警護を命じられるが、マーリヤは複雑な胸中を隠せない。ヴェロニカも護送中のレイ・ドーンを尾行して、復讐の機会を窺っていた。その途上、橋が爆破され一行は足止めを喰らい、古城で一泊することになる。レイ・ドーンに近付くウルフラン、そしてヴェロニカ。マーリヤとフリーは彼らと再び対峙する。

レイはツバルに出向くためにドロテアが警護に当たることに。ヴェロニカは復讐の機会を探るため、レイの乗る列車を追いかける。その時、レイの列車は何者かに鉄橋が爆破され、脱線。そこにアーケイムの人工妖精が攻めてきて、ドロテアが迎撃に当たる。そのすきにヴェロニカは廃城内部へと潜入。そこでマーリヤはヴェロニカと出会う。ヴェロニカはマーリヤの姿を認めると、海に身を投げ、マーリヤもそれを追う。マーリヤはヴェロニカを救出し、復讐をやめて一緒にいて欲しいと懇願するが、ヴェロニカはそれを聞き入れず、マーリヤの元を去ってしまう。

ヴェロニカとマーリヤのすれ違いがはかなく、今後どうなるのか気になる。
脱線事故の回はどこかで見たことあるような気がするが、まあいいとしよう。

第3話(第15話)【裏町の草ひき】

2019年10月20日日曜放送分

ディーゼの反乱の影には常にウルフランの暗躍があった。結局はそれら全てを裏切り、果たして男は何を目的に動いているのか。 事後処理で、ひたすらに反乱者の捜査と摘発の日々が続くドロテアの面々。マーリヤは自責の念にかられながらも職務にあたる。そんな中フリーは、ディーゼに内通したと思われる元王族、クリストフ・ラーンの存在にまでたどり着く。

統歴495年、レドラットは王の自害を以て降伏し、王のために共に戦っていたフリーとウルフランは敵対する関係となった。レイを送り届け、本部に帰ったドロテア。捕らえたアーケイム構成員のゲイル・ドープの尋問により、クリストフ・ラーンという男がシュヴァルツのクーデターに関与しているというとの情報が。ラーン家に乗り込むドロテアだったが、そこは既にもぬけの殻。行方を捜査していると、アクセルがクリストフの死体を発見したと通報が入るが、ドロテアは念のためアクセルを捕らえる。しらばっくれるアクセルだったが、実は彼がクリストフを始末していたのだった。

よく分からん展開が多かった。このアニメらしいっちゃそうだけど。
物語の主軸に沿ってしっかりとストーリーを進めていってほしい。

第4話(第16話)【笑いころげるトンビ】

2019年10月27日日曜放送分

国内唯一の貿易拠点ベイルンの船島で大量の禁制品と共に、黒の妖精書〝黒の九〟が発見された。確保へ向かうマーリヤたち。一方で妖精学者ダミアンとヴェロニカ、さらにスウィーティーとパトリシアの二人も船島へと集結。三大マフィアの一つ『グイ・カーリン』幹部のイージェイを交え、三つどもえの戦いとなる。

船島の密輸品の中から黒の妖精書が発見される。その情報は、独自に黒の妖精書を追っていたグイカーリン構成員のスウィーティーのところにも届いていた。一方、ダミアンとヴェロニカも情報を入手し、船島へと入り込む。船島の管理棟に向かうが、そこにはグイカーリン幹部のイージェイの姿が。イージェイは妖精武器モルテラントを携え、黒の妖精書を強奪。スウィーティーとヴェロニカが共闘することに。しかし妖精武器とイージェイの操る妖精に苦戦を強いられるスウィーティー。マーリヤとフリーも到着するも、妖精武器を持つイージェイの強さは圧倒的で、その場を去っていった。

スウィーティーとパトリシアいい味出してて好きだな。
前回の話と全く別の話が繰り広げられるのは、相変わらずだな。

第5話(第17話)【砂の上の天秤】

2019年11月3日日曜放送分

かくて〝黒の九〟を含む黒の妖精書三部がグイ・カーリンの手に渡り、六部が妖精省の管理下となった。九つ揃った時、そこに何があるのか。ヴェロニカの過去を知るダミアンに、マーリヤは反発するが、彼は更なる危険な勢力の存在を示唆する。 フリーは、スウィーティとの司法取引により容疑者リストを入手、グイ・カーリンを本格的にあぶり出し壊滅する作戦にでるが、組織の手は政府内にも伸びていた。

黒の妖精書との関連容疑でドロテアはダミアンを拘束。ダミアンは、自分が黒の妖精書編纂者の末裔であることを使ってドロテアを利用しようとしていた。ドロテアはグイ・カーリンに関係している資産家や上級高官を次々に逮捕していく。グイ・カーリンの内部情報は、フリーがスウィーティーから聞き出していた。そんな中、イージェイが動き出すという情報が入り、ダミアンはフリーやマーリヤと共に安全な場所へ移動。車中でマーリヤはダミアンに、ヴェロニカを巻き込まないでと言うも、彼女の意思であると答えられるのみだった。

船島でドロテア、ヴェロニカ、スウィーティーの共闘が始まるのかと思いきや、既に船島の閉鎖が解かれていてガッカリ。この3人の共闘は絶対面白かっただろうに、なぜやらなかったのか。
妖精省次官のマルコは怪しいな。こいつがラスボスだと言われても驚かないくらい。黒の妖精書の技術を独占して世界を支配しようとしてるんじゃないか?

第6話(第18話)【踊るネズミと折れた角】

2019年11月10日日曜放送分

ドロテアの活躍により〝黒の三〟〝黒の六〟が妖精省の手に渡る。残るはグイ・カーリンの四大幹部最後のひとり、イージェイの所持する〝黒の九〟のみ。潜伏先へと向かうフリー、マーリヤらは意気込む。 だがイージェイは、独自の研究により〝培養型妖精兵〟を生み出していた。

第7話(第19話)【悲しい声と黒い本】

2019年11月17日日曜放送分

ウルフランに〝黒の九〟が奪われ、ついに黒の妖精書が揃ってしまう。 それらを影で手引きしていたのが、マルコ・ベルウッドとその右腕であるグリフ・マーサーと判明し、妖精省を一斉検挙するためドロテアが動く。果たして彼らの目的である『あらまほしき世』とは…。

第8話(第20話)

2019年11月24日日曜放送分

準備中

第9話(第21話)

2019年12月1日日曜放送分

準備中

第10話(第22話)

2019年12月8日日曜放送分

準備中