【あひるの空】アニメ無料動画の全話フル視聴まとめ

累計部数2400万部を超える大人気作品が連載開始から15年の時を経て、ついに初テレビアニメ化!

バスケットボールに打ち込む高校生たちの姿を瑞々しく鮮やかに描いた作品。

声優陣も豪華で、バスケに詳しくない人でも楽しめること間違いなし!

この記事では、TVアニメ「あひるの空」の動画【第1話から最終回まで(全話)】無料で視聴できる方法をわかりやすく解説していきます。

TVアニメ「あひるの空」の動画を見逃し含めて無料視聴する方法

アニメ「あひるの空」はいくつかの動画配信サービスで無料視聴できます。

ただし全ての動画配信サービスがおすすめできるわけではありません。

  • 1週間で無料視聴期間が終了してしまう…
  • 途中で何度も広告に邪魔される…
  • 無料期間終了後の解約がわかりにくい…

こんな動画配信サービスは使いたくないですよね。

そこで、安心して使える動画配信サービスを紹介します。

無料で使いたいなら無料期間中に解約すればOK!
※解約方法はどれもわかりやすいです。

無料期間終了後もずっと使い続けたい場合は、月額料金を支払うことで継続ができます。

\この作品を配信中のおすすめサービス/
サービス 配信状況 無料期間
U-NEXT
二重丸見放題
31日間無料
FOD
二重丸見放題
31日間無料
hulu
二重丸見放題
14日間無料
dアニメストア
二重丸見放題
31日間無料

動画配信サービスは初めて使うので、とりあえず最初は1つでお試ししたい…!

そんな方にはU-NEXTがおすすめです。

アニメ「あひるの空」は「U-NEXT」で第1話から全話フル動画配信が決定!

「U-NEXT」は完全無料で視聴が可能です。

31日間は無料!期間中は無料視聴できます。

無料期間中に解約すれば、一切料金がかからず楽しむことができますよ!

「anitube」「GoGoAnime」「kissanime」などをはじめとした違法動画サイトでの視聴は絶対にNGです。「広告が無駄に多い」「フル視聴できない」デメリットはそれだけではありません。最悪の場合、スマホやPCがウイルス感染する可能性もあります。安心して楽しむためにも、正規の動画配信サービスを利用しましょう。

TVアニメ「あひるの空」の詳細

作品名
あひるの空
放送日
2019年10月〜
製作会社
キャスト 車谷空(CV:梶裕貴)
花園百春(CV:内田雄馬)
花園千秋(CV:小西克幸)
夏目健二(CV:谷山紀章)
茂吉要(CV:宮野真守)
安原真一(CV:八代拓)
鍋島竜平(CV:堀井茶渡)
茶木正広(CV:KENN)
薮内円(CV:千本木彩花)
七尾奈緒(CV:谷口夢奈)
車谷由夏(CV:遠藤綾)
千葉真一(CV:中井和哉)
常盤時貴(CV:斉藤壮馬)
蒲地太郎(CV:福山潤)
香取真吾(CV:古川慎)
高橋克己(CV:浪川大輔)
児島幸成(CV:吉野裕行)
白石静(CV:櫻井孝宏)
八熊重信(CV:梅原裕一郎)
不破豹(CV:松岡禎丞)
上木鷹山(CV:上村祐翔)
公式サイト

放送スケジュール

  • テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送:2019年10月2日(水)より毎週水曜日18:25~
  • BSテレ東:2019年10月2日(水)より毎週水曜日24:30~
  • AT-X:2019年10月2日(水)より毎週水曜日21:00~ ※リピート放送:毎週金曜日13:00~、毎週火曜日5:00~
  • あにてれ、バンダイチャンネル:2019年10月2日(水)より毎週水曜日19:30~
  • ビデオパス、J:COMオンデマンド、milplus:2019年10月4日(金)より毎週金曜日24:00~
  • NETFLIX、dtv、Hulu、Happy☆動画アニメ、ムービーフル、ひかりTV、アクトビラ、youtube(google)、TSUTAYA TV:2019年10月9日(水)より毎週水曜日18:00~
  • dアニメストア、Paravi、FOD、PlayPicEC:2019年10月10日(木)より毎週木曜日18:30~
  • U-NEXT、アニメ放題、ビデオマーケット、GYAO!Store、AmebaTV:2019年10月16日(水)より毎週水曜日18:30~
  • ニコニコ動画、クランクイン!ビデオ、GYAO!:2019年10月30日(水)より毎週水曜日18:30~
  • ふらっと動画:2019年10月31日(木)より毎週木曜日12:00~

あらすじ

バスケットボールでは決して有利ではない小柄な体格の車谷空。

身長を理由に中学時代スタメンに選ばれることのなかった空は、高校バスケ部に期待を膨らませて九頭龍高校、通称クズ高に入学。
ところがバスケ部はほとんど機能停止状態。とてもバスケをできる環境ではなかった。

しかし、空はバスケへの熱量で、クズ高バスケ部メンバーとぶつかり合いながらも、共に成長していく。次々に直面するあらゆる困難に、クズ高バスケ部メンバーはどのように立ち向かって行くのか…!?

出典:TVアニメ『あひるの空』公式サイト

【各話】TVアニメ「あひるの空」のネタバレ解説・感想

第1話【みにくいあひるの子】

2019年10月2日水曜放送分

約149cmと小柄ながら、バスケットボールが大好きな少年・車谷 空。彼は入学したばかりの九頭龍高校(クズ高)で、バスケ部に入部しようと張り切っていた。広い体育館で宝物のバッシュを履いて練習をしていると、そこに現れたのはいかにもガラの悪い生徒たち。その不良たちこそクズ高バスケ部の部員。男子バスケ部は荒れ果て、事実上機能停止状態となっていたのだった。主将の百春からバスケをしないよう脅され、部室に閉じ込めれられる空。同じバスケ部だという千秋の協力で何とか脱出し、体育館に向かうが、またも百春率いるバスケ部員が現れ…。

バスケットが大好きな少年・車谷空は、九頭竜高校(クズ高)に入学。ある日、空は河川敷で不良たちにからまれてボロボロにされてしまう。通常の授業が始まるようになると、バスケ部に入って毎日バスケができると喜ぶ空。しかしクズ高のバスケ部は不良の巣窟だった。主将の百春からバスケをしないように脅された空は、部室に閉じ込められることに。そこにクズ高の先輩・花園千秋がドアを壊して空を救出。しかし、また百春たちが現れて、母からもらった大切なバッシュを焼却炉で燃やそうとする。空が先輩たちを煽り、5対1でバスケで戦おうと提案。
映像がキレイでバスケシーンもかっこいい!
ストーリーはほぼ原作を再現していて、原作好きな人はより楽しめる作品。

第2話【才能のない少年達】

2019年10月9日水曜放送分

空と百春たちの男子バスケ部入部をかけたバスケでの勝負が始まった。男子バスケ部の百春、安原(ヤス)、茶木(チャッキー)、鍋島(ナベ)に加え、千秋の代理として女子バスケ部の円を加えた5対1。圧倒的不利な状況にもかかわらず、空はバスケスキルを見せ、シュートへ。しかしヤスの暴力による妨害で理不尽に勝敗が決しようとしたところ、百春から「十本勝負」の提案。まともな勝負も望めず絶体絶命の空だったが、彼には武器があった。

空vs百春ら2年生たちのバスケ勝負が開始。2年生チームは5人なのに対し空はひとりで勝負。ところが、圧倒的なスキルを見せつけ、空はシュート。しかし、敵チームのヤスが暴力で邪魔をして、理不尽にも勝負は終了。そんな時、百春が十本勝負を提案しました。空のスキルを一度見せつけられたことで、ドリブルができないようにする円や百春たちだった。
暴力シーンはさすがにカットされているが、原作を再現できている。
百春の過去のトラウマや、空の努力がうまく表現されていて見入ってしまう!

第3話【百春の翼】

2019年10月16日水曜放送分

晴れてクズ高バスケ部に入部した空。部室に先に来ていた千秋に連れられて校舎裏のバスケットゴールに向かうと、そこにはシュート練習をする百春が。シュートが全く入らず、ヤケになってゴールへジャンプした百春の驚異的跳躍力に空は驚愕する。そこにケンカの報復に現れた新丸子高校(丸高)の不良たちを何とか撃退。その後、百春は空に自分のバスケの才能のなさを空に吐露し、自分がバスケの練習に参加することをあきらめるように言うが、それに対する空の反応は意外なものだった。

バスケを練習していた百春は、以前百春が喧嘩した不良たちにボコられてしまう。空も加勢するが、二人ともボコボコに。そして百春はバスケを辞めた原因を空に語り出した。その後、新丸子高校との試合が決まった空たち。空は、視察をしようと新丸子高校に潜入し、バスケ部の試合を見ることに成功。しかし新丸子高校のバスケ部に、低身長をバカにする選手がいた。怒った空は対戦し始め、低身長でも努力でなんとかなると宣戦布告をした。
百春がトラウマを乗り越え、空のおかげでバスケに再燃できている姿に感動。
丸高の先輩ちょっと嫌な奴だな。空がバスケで倒してくれることに期待!

第4話【初めての飛翔】

2019年10月23日水曜放送分

丸高の不良たちが百春たちに恥をかかせるために画策し、丸高バスケ部との練習試合が決定。千秋を除いた4人が試合に出てくれることになり、初めて5対5のバスケができると張り切る空。そして、練習試合当日。キャプテンの千葉、エースの常盤と、神奈川でも5本の指に入るといわれるほどの実力者を擁し、全員がバスケに有利な高身長の丸高バスケ部が登場。そんな不利な状況にもかかわらず、空は「秘策がある」と宣言。ついに、空にとって初めての試合開始のホイッスルが鳴り響く。

丸高との試合に備えて、ポジションの配置にを考えていた空は、どうしても納得できず、バスケ経験者の千秋をバスケに誘うことに。しかし、千秋はバスケに参加する気を見せてくれなかった。丸高とクズ高の試合が開始。丸高の千葉は、千秋がいなければクズ高に勝ち目はないと言う。しかし、ジャンプボールでジャンプ力を発揮した百春がボールを取り、空が速攻でスリーポイントを決めることでクズ高が先制点を取る。こうして、最初のクォーター10分間と、第2クォーターは、クズ校が勝っていく。しかし、丸高の常盤は、空の弱点に気がついたと言う。
千秋がバスケを始めたから百春がバスケを始めたとなると、千秋は結構強いんじゃないか?
今の所はクズ高がいい感じだけど、次回は丸高の反撃が来そうだな。

第5話【折れた翼】

2019年10月30日水曜放送分

試合開始早々秘策を繰り出した百春と空。その快進撃に対する策を考える千葉だったが、常盤は空のプレーを見て、本人さえも自覚していない空の弱点を発見する。徹底的に弱点をつく常盤を前に、空のシュートは全く入らなくなった。一気に雲行きが怪しくなり、完全に丸高のペースへ。さらに試合メンバー5人ギリギリの中、ヤスが5回目のファウルをしてしまい退場。メンバーは4人となり、空の疲労もピークに。険悪なムードの上もう後がないクズ高バスケ部だが…。

丸高を圧倒してきた空を常盤は徹底的にマーク。常盤は空が、左サイドからのシュートが苦手であることを発見。右サイドに回られないようにすることで、空のシュートは外れていく。空のシュートが入らなくなったことで、失速していくクズ高チーム。百春や空がファウルを取られてしまうなど、ミスが続く。丸高はクズ高を圧倒し、余裕をかましていた。丸高の千葉は、そんな丸高の選手たちに喝を入れる。その試合を眺めている千秋だったが、千秋は以前前半戦でぼろ負けした試合を途中で放棄した過去があり、百春は千秋は絶対に入ってこないと告げる。
千葉のスポーツマンシップがカッコよすぎる。
千秋入ってきそうだけど入ってくれるかな。結果負けることになっても過去を乗り越えてみてほしい。

第6話【今しかねえ】

2019年11月6日水曜放送分

疲労も限界を超えている中、空は母から教わった両手打ちのシュートを決め、チームの空気を変えた。丸高との点差は絶望的だが必死で戦うクズ高。試合を見ていた千秋はその状況に背を向け立ち去っていった。一生懸命なクズ校の姿にいらだつ丸高の不良たちが試合を妨害。憤るクズ高メンバーを制し、試合を続けようとする空だったがこの苦境を乗り切るすべがあるのか…。そのとき、コートにある人物がやってきた。それは空が待ちわびており、丸高の千葉も気にしていた人だった。

久々にシュートが入ったクズ高だったが、丸高は空のディフェンスをさらに固める。さらに苦戦を強いられたクズ高を見ていた千秋は、かっこ悪いと言ってた帰ろうとする。まどかはそんな千秋を止めようとする。試合を見ていた丸高生徒がコートに空き缶を投げ入れ、空がそれを踏んでしまい転倒。千葉と百春はキレそうになりながらも、立ち上がる空。試合が中断した中、千秋がコートに登場。見事なプレイをする千秋を見て、天才だと呼ぶ空。その後クズ高はなんとか最後に点を取ろうとするも、負けてしまう。そして千葉は、空が低身長ながらも活躍する姿を見て改心するのであった。
千秋がやっと帰ってきた!千秋の「今しかねぇ」って曲、天才だと思った。千秋のCVの小西さんちゃんと千秋を理解しているな。鋭い洞察力とか華麗なテクニックももちろんだけど、チームをまとめる力と元気づける存在でこれからどうチームを引っ張っていくのか楽しみ。
百春のリバウンドを信じて走り出す空かっこいい!仲間を信頼してゲームをするって、素晴らしいなあ。チームプレイのバスケは信頼が大切そうだけど、すでに空と百春は信頼関係を築いてるっぽい。今後は、茶木や鍋島たちの活躍にも期待!

第7話【迷惑な一年坊】

2019年11月13日水曜放送分

丸高との試合は圧倒的な点差で敗北したものの、お互いの健闘をたたえ合う試合となった。疲れて眠ってしまった空を自宅に送り届けた円は、空の祖母から空が入院している母・由夏を追って、神奈川にやってきたと聞かされる。試合翌日からさっそくバスケの練習に打ち込むクズ高メンバーだったが、今まで全く活動していなかったバスケ部には顧問がおらず、体育館を使う資格さえ与えられていなかったことが発覚。早速百春は顧問をつけてもらえる約束を取り付けたが、それには条件があった。そんな中、ヤス・チャッキー・ナベは校舎裏で華麗なシュートを決める1年生に出会う。

試合が終わるなり爆睡してしまった空をまどかが家まで送る。そこで空の母親のことを空の祖母から聞く。空の母親は神奈川の病院に入院することになり、空も病院に通うために神奈川の高校に進学したいと告げる。しかしバスケに集中して欲しい母は、迷惑だと言い、空は去ってしまう。母の本心に気づいた空は、バスケの大会で一位になったら会いにくると涙ながらに約束する。クズ高のバスケ部は顧問がおらず、体育館が使えないことが発覚。百春が校長に掛け合い、顧問をつけてもらうように頼むが、暴力沙汰を起こせば即廃部にすると告げられる。安原たちがコート裏でバスケがうまい青年・トビと出会う。
円は空とお母さんのことをもう少し知ることになったな。空のことを思って突き放すお母さんに感動。そしてそれを分かって自分の気持ちを我慢する空もえらい。ところで、バスケ部の顧問の先生は、どんな先生になるのかな?安西先生みたいな先生がいいな(笑)
新キャラ登場!でもトビってかなりめんどくさそうな奴だな。意外と人気はあるようだけど、バスケ部メンバーと打ち解け合うことはできるのか?トビを見てたら、百春たちは成長したなと、しみじみ思ってしまった。トビも、空が改心させてくれるんだろうか。

第8話【アヒルとトビ】

2019年11月20日水曜放送分

問題を起こした場合即廃部を条件に、顧問をつけてもらい活動を許可されたクズ高男子バスケ部。その矢先、ヤスたちと校舎裏でひと悶着したトビが、女子バレーボール部が練習する中で無理やりバスケの練習をした挙句、部員にけがをさせてしまう。百春の土下座により何とかその場は収まったものの、翌日には体育館でトビがほかの生徒と暴力沙汰を起こす。顧問となった五月は惨状を見て廃部をつきつけるが、トビが自分はバスケ部ではないと宣言したことでなんとか廃部は免れた。しかし、百春や空には釈然としない思いが残る。

百春がトビが怪我させた女子生徒に謝罪することでその場は収まったが、翌日も体育館で喧嘩をするトビ。そこへバスケ部顧問五月先生が現れ、廃部にすると言うが、トビはバスケ部とは関係ないからということで廃部は免れる。その後、トビが公園で妹と電話で話しているところを見かけた空。トビは広島の妹と離れて暮らしており、インターハイで会えると約束する。空はトビにインターハイにいくからバスケ部に入るように言うも、トビは無理だと断る。そして、空はトビにバスケでタイマンを張り、空が勝てばちゃんとバスケをやって妹に会いに行くと約束させ、見事空は勝利。しかしトビはその後退学処分にされるのだった。
仲間っていいなあ。今回も新しい仲間が加わった!百春はトビをバスケ部に入れたかったからこそ、面白くなさそうな顔をしていたんだと思う。安原も同じことを考えていて、トビのケンカ相手のことを探っていたんだろうな。迷惑な仲間のためにも頑張るみんなが眩しい!
トビは父との思い出があって、ボールは父からもらったものだったのかあ感動だね。トビの妹も、トビを慕っている姿が泣ける。五月先生は、今はまだバスケ部に興味ない感じだけど、実はバスケに詳しい先生だったってパターンありそだな。どんな理由でトビの退学処分が取り消しになるのか、次回が楽しみ!

第9話【鳶とボールと仲間の痛み】

2019年11月27日水曜放送分

トビに退学の処分が下った。元々は3年の西脇が大勢で囲んで挑発したもので、正当防衛ともいえる状況だったとわかったが、処分は覆らない。トビのバスケに魅せられた空は、顧問の五月に頼み込み、なんとか処分を撤回させようとする。一方、トビは偶然出会った千秋に気持ちを話し、そこに訪れた百春との会話の中で気持ちに変化が生じる。自らも五月のもとに出向き、クズ高をインターハイに連れて行くと宣言したトビ。たまたま居合わせた校長の配慮により、トビはバスケ部に入部することになった。しかし翌日、西脇の復讐に合い…。

安原は、トビの暴力事件は正当防衛であることを突き止め、退学処分を取り消すようにお願いする。しかし結果は変わらずトビは退学処分に。その後も空がしつこくトビの復学を五月先生に頼んでいると、トビがやってきて自ら頭を下げる。それを聞いていた校長先生が、トビの復学を認める。そしてトビは正式にバスケ部員となる。ある日、前回の喧嘩相手の西脇がトビに復讐にやってくる。しかしトビは何をされてもやり返さなかった。それを見ていた五月先生は、心を動かされる。その後、空たちは関東大会を見にいくことに。そこでは以前対戦した丸高が逆転勝利を納めていた。
トビって父親の職業から取ってたのか。父親の仕事と、父親からもらったバスケットボールを大切にするめちゃくちゃいいやつじゃん。でも暴力はよくない。と言っても改心したみたいだし、よかった。
喧嘩っ早いトビも、根はいいやつなんだな。五月先生もトビの姿に心動かされてたみたいだし、五月先生含めてみんなが一丸になってくれるといいな。

第10話【マネージャー】

2019年12月4日水曜放送分

関東大会での丸高の試合を見て、さらにやる気に燃えるクズ高のメンバーだったが、練習中に空のバッシュが壊れてしまう。母からもらった大事なバッシュを修理してもらおうと駆け回って見つけたスポーツショップは、隣のクラスの七尾奈緒の家だった。そそっかしいところのある奈緒だが、空のプレーに合わせたシューズのアドバイスをしたり、修理の間にも練習できるよう、自分のバッシュを貸してくれるなど丁寧な応対。しかも空がバスケをする姿をかっこいいと…。初めての経験にドキドキする空が翌日体育館に行くと、そこにはマネージャーとして入部した奈緒の姿があった。

練習中、空のバッシュに穴が開いてしまう。修理をしもらいたい空は、スポーツショップを巡って隣のクラスの七尾奈緒の家へ辿り着く。彼女は空にシューズのアドバイスをしてくれたり、修理の間の代わりのバッシュを貸してくたりした。さらに、丸高との試合を見ていた奈緒は、バスケをしている空の姿がかっこいいと告げる。それを聞いた空は浮かれてしまう。翌日、体育館に向かった空だったが、そこには奈緒の姿が。奈緒がマネージャーとしてバスケ部に入ったのだった。そして、練習を見ていた奈緒は、このままじゃ勝てないと告げる。バスケ部は突っかかるも、奈緒は、試しに女子と試合をしてみることを提案する。
前回でも練習のメニューがワンパターン化していることを空たちも感じたな。顧問となった五月先生も、練習指示を受けた時は適当な指示しか出していないし、顧問としてどうなんだろ。そんな中の奈緒の登場。これで練習メニューの組み立てなんかも充実してくるかな。でもそうなってしまうと五月の立場はなくなってしまうな。
てっきり円がヒロインかと思っていたんだけど、ここにきて奈緒の登場。このまま三角関係になったりするのかな?あひるの空はリアリティ重視の作風だし、今後は恋愛面も描かれていく可能性は高いと思う。となるとヒロインは円と奈緒のふたり体制なのかもなあ。

第11話【男の意地と女のプライド】

2019年12月11日水曜放送分

クズ高バスケ部の練習を見学していた奈緒は、「このチームで試合に勝てるとは思えない」と言い放つ。そして、奈緒の分析が正しいかを検証するために、女子バスケ部と試合をすることになった。女子が負けたら円が裸になると奈緒が勝手に約束したため、俄然やる気になった空たちは順調に得点を重ねていく。しかし、奈緒が「作戦」を円たちに実行させると、試合状況が少しずつ変わっていき……。

女バスと空たちの試合が開始。負けると裸になることになってしまっているので負けられない円。最初は順調に点を稼いでいた空たち。空は左サイドからのシュートも克服しており、円は男バスの成長に驚いて、インターハイに出場する可能性があると期待が胸をよぎる。その後、奈緒が女バスにある作戦を実行させる。それは、ワンボックスゾーンディフェンスで、ゴール下のディフェンスを固め、遠距離シュートができる空を円がマークするというもの。円と空の1on1になるが、背が低く守備力がない空は点を取られてしまう。そのまま好調の女バスチームに対して男バスチームはタイムアウト。そして千秋が得点源の空とトビを交代してしまう。
空たちにとっては我慢が続いた展開だった。ただその分だけ次回が楽しみ!なんとなく千秋を信頼してるから、何らかの作戦があってこのような采配に振り切ったと信じてる。
この試合でトビの個人プレイの弱点があらわになったが、チームで団結して空の低身長という弱点もカバーするようになって、男バスも一回り大きくなるのが理想。円の裸がかかっているから、さすがに今回は男バスが負けるとは思うけど。

第12話【TEAM】

2019年12月18日水曜放送分

男子バスケ部と女子バスケ部の試合は続いていた。トビは試合の様子を見ながら、勝てる様子がないことに愚痴をこぼすが、そんなトビに奈緒はこのチームには勝つために足りないものがあるのだと話す。そのまま勝敗が決し、女子部に敗れたことでやる気をそがれてしまった様子の男子バスケ部を見て、奈緒は落ち込んでしまうが……。

千秋は得点源の空とトビを交代させる。早速彼はスクリーンを決めてディフェンス2人をひきつけ、フリーの選手を作る。安原と鍋島も上達しているが、最後に必ずミスをしていてなかなか得点に繋がらない。その間も奈緒は男バスの選手たちの傾向や戦い方についてメモを取る。その後、得点は5-14と開き、千秋たちはゾーンディフェンスはフリーの選手が生まれやすいことを利用して、パス&ランを繰り返し、ゴール寸前の百春だったがダンクを失敗。最終的に男バスは5-18であっさり敗北。奈緒は足りないものを互いをカバーできる信頼関係が大事で、空やトビのように自分の弱点を技術でカバーできると思っている選手はチームで通用しないと告げる。翌日、練習開始時間になっても奈緒の姿はない。円は、奈緒が中学の頃マネージャーとして大会で女子三年にアドバイスしたところ反発されて衝突した経験を思い出して、辞めてしまったのだろうと話す。そして奈緒が現れると、皆からマネージャー兼監督として力を求められ喜ぶ奈緒だった。
ひとまず円の裸が無事で安心!そして奈緒はすごい努力家で、バスケが大好きなんだと分かった回だった。そんな彼女がバスケ部に来てくれてよかった!
合宿費用のためとはいえ高校生のアルバイトがハードコアすぎる。まああひるの空は連載開始当時2004年だから、今とは感覚が全然違うんだろうな。パチンコで増やすと意気込んで逆にすってしまうのは笑った。

第13話【温度の違い】

2019年12月25日水曜放送分

インターハイの予選まで1か月と迫ったある日、奈緒の提案でバスケ部は合宿をすることになった。クズ高がインターハイに出場できると信じる奈緒は、部員たちにハードなトレーニングを課し、部員たちもそれに必死についていこうとする。しかし、安原が真面目に自主練習をする一方、鍋島と茶木は安原ほど真剣には取り組めていないようで…。

二人が出ていきたくなる気持ちもわかる。トビの言葉に反発してたけど、仲間のためにも頑張ってるし、空に連れ戻してきてほしい。
合宿のでみんなで楽しそうだった。練習メニューは相当しんどそうだったけど。今はチーム内でのモチベーションが統一できてないけど、これからチームとしてみんな一丸となって頑張って行って欲しい!

第14話【勝利に向かって】

2020年1月8日放送分

鍋島と茶木が合宿から逃げ出し、空は二人を探しに出かけた。中学生とのバスケ対決で手も足も出ず、すっかり落ち込んでいた二人だが、その中学生が女の子からバスケを褒められたところを見た途端やる気になり、合宿に復帰する。合宿初日に食あたりで倒れた百春も復調したところで、奈緒が練習試合を提案。奈緒のいとこ・蒲地太郎の属する北住吉高校との練習試合が決まる。

鍋島と茶木が合宿をサボって暇そうにふらふらしてるけどバスケの事を考えてしまうのは空が迎えに行った効果が出てきたのと好きになってきたからでしょうね。百春が復帰する頃には皆が一生懸命に練習している姿は感動します、そして人別に練習メニューを組む奈緒ちゃんは凄いですよね。練習試合も決まって気合が入り、やっとバスケ部らしくなってきましたね。
ナベとチャッキーが、動機はどうあれ無事に戻ってくれたことで、いよいよチーム一丸となってインターハイに向かって練習することになりましたね。そして奈緒ちゃんのいとこのチームとの練習試合も決まり、見ているこちらもワクワクしてきました。それにしても奈緒ちゃんの指導力、すばらしいですね!将来良い監督になりそう! 

第15話【男の心意気】

2020年1月15日放送分

北住吉高校との練習試合が始まった。たまたま通りがかり、練習試合を見学に来た丸高の常盤から、北住のフォワード・蒲地太郎の実力を教えられた空は気を引き締める。弱点を克服した空をはじめ、新メンバーも加入しクズ高の実力が上がっていると確信した常盤。一方、北住吉高校もクズ高の実力に気づき、“戦闘態勢”に入っていく。

北住吉高校との練習試合当日になりました、蒲地ってチャラそうなモテない男子って感じだけどバスケは凄いらしいから良い練習になりますよね。従妹の奈緒ちゃん狙いで変な所でスイッチはいって大事な点数逃したりと笑かしてくれるのも楽しいです。クズ高はちょっと緊張しているみたいだけど練習の成果が出て滑り出しは順調で安心しました。相手が本気出してきたので実力差が心配ですが、色々なプレーが見られるのは楽しいです。
北住吉高校との練習試合当日になりました、蒲地ってチャラそうなモテない男子って感じだけどバスケは凄いらしいから良い練習になりますよね。従妹の奈緒ちゃん狙いで変な所でスイッチはいって大事な点数逃したりと笑かしてくれるのも楽しいです。クズ高はちょっと緊張しているみたいだけど練習の成果が出て滑り出しは順調で安心しました。相手が本気出してきたので実力差が心配ですが、色々なプレーが見られるのは楽しいです。

第16話【最高の始まりと最悪の始まり】

2020年1月22日放送分

クズ高と北住との練習試合が続く。奈緒を巡って千秋が蒲地にライバル意識を燃やす一方、百春は中学時代の後輩・小西からの挑発を受け、いらだちを募らせていく。流れが北住に傾いていると感じた空だが、追い打ちをかけるように、蒲地にシュートを決められてしまう。タイムアウトを取った奈緒は、空に蒲地を抑えるように指示。空は蒲地に張り付き、これ以上点を取らせないと心に決める。

北住吉高校との練習試合は始まったばかりなのに蒲地に連続で点を取られてピンチですね。奈緒はディフェンスを変更して対応するけど、北住吉の監督は余裕が有るみたいで嫌な感じですね。空は蒲地に張り付いて打たせないようにしていますがキツそうですね。でも上手くいったので良かったです。第二クォーターからは鍋島から安原に代わるので、そのうち茶木も試合に出るのかな。百春が何か浮かない顔をしているのが気になりますね。
実力も実績も差がある北住吉高校はエースの蒲地が得点を上げて凄いですが、キザなセリフが気持ち悪いですね。百春も中学で一緒だった香取に煽られて調子が出ないようで心配ですが、お兄ちゃんを見習って気にしないのが一番ですよね。奈緒ちゃんの指示でディフェンスを変更し同点にまで追いついて練習の成果が出ていますね。まだ第一クォーター終わったばかりなので、百春には調子を取り戻して欲しいです。

第17話【バーサス】

2020年1月29日放送分

ヤスのシュートが決まり勢いづくクズ高。一方、古賀監督に発破をかけられた蒲地は、これまで以上にやる気に燃えていた。縦横無尽に走る太郎、必死に食らいつく空。一進一退の「走りっこ」が続く中、20分もの間全くスピードが落ちない蒲地に対し、ついに空のヒザがぐらつく。

クズ高は調子良いけどファールを誘われ百春と安原がカウントされてしまい、ちょっとイライラします。空は蒲地と走りっこ対決で凄い走って大変そう。でも膝にきちゃってケガしたかと心配になりました。試合は接戦ですが、チャッキーは空と交代し、緊張してるし、下手でしり込みしてるけど空の目を見てやる気だしてホッとしました。ナベもやる気だして蒲地を止めに行くが正解かどうか分からない、けど頑張って欲しいです。
空と蒲地の対決みたいになってディフェンスが凄いけど、ずっと走っているのも凄いですよね。夏目は順調にシュートを決めてカッコ良い。千秋は冷静に周りが見えていて何か複雑、百春はファールを取られて立ち直れなのか心配です。ヤスもチャッキーもナベも皆が試合に出る事が出来て良かったです。試合に慣れておかないと本番が困るよね。第3クォーターで空がいないのは不安ですが夏目がシュートを決めてくれて頼もしいですね。

第18話【今・・・・。】

2020年2月5日放送分

空がベンチに下がるも、リードしたままラストピリオドに繋げたいクズ高は、交代したチャッキーやナベが奮闘。トビも2人のヘルプ、そして攻撃で躍動する。しかしラスト1分、オールコートであたってきた北住吉についに逆転されてしまう。メンバーの必死の攻防を見ていた空は、第3クオーター残り30秒で交代を申し出る。

空の代わりに入った茶木がやる気を出して鍋島と一緒に蒲地をマークしてカッコ良いって思ったけど、すぐ抜かれちゃって残念。夏目がカバーに入ってるから安心だけど、やっぱり茶木達はもう少し上手になった方が良いかな。あと30秒で終了ってとこで空を投入するとはムードメーカーってことですかね。反応はそれぞれですが良いチームです。百春が小西を意識し過ぎてどんどん調子が悪くなっていくのが心配です。
クズ高の勢いが止まりませんね、蒲地に点を取られたりしてハラハラするけど、バスケは点取り合戦みたいな感じだからゴール決めるとテンション上がります。北住吉の監督が焦ったときはガッツポーズ取りたくなりました。奈緒ちゃんが良い仕事してくれるし、空と夏目で点取ってくれるから安心です。千秋が五月先生に焼き肉奢ってもらおうとするなんて男子ですね。奈緒ちゃんも乗っかって説得してしまうとは流石です。

第19話【誰よりも高く】

2020年2月12日放送分

奮起したクズ高が同点に追いつき、ついにラストピリオド。小西の口から百春がついた「ウソ」が明かされた。小西の抱えていた想いや、自分がバスケをやめていた間、絶え間ない努力を続けたことを知り、動揺する百春。空はそんな百春に笑顔で、もう一度飛ぶところを見せてほしいと伝える。

百春が小西の事をずっと気にし過ぎて、まともにプレーが出来なくなって見ていられませんでしたね。小西についた嘘って百春が約束してたバスケの練習に行かなかった事で、そんな事かって思ったけど小西にとっては今でも許せないほど大事で本当に百春を好きだったんだなって思いました。空の一言で立ち直って良かったけど、今度は夏目が疲れて足が痙攣してしまって大丈夫かな。千明のシュートは初でしたっけ、期待してます。
夏目が百春を交代するように七尾に言いますが、空は元気づけるように飛んで欲しいと言うなんて青春ですよね、仲間の一言で復活とか感動します。花園兄弟の中学時代も今と変わらずコントみたいで面白かったです。百春が真面目にやってた頃は可愛かったし、小西も初々しかったな。円のお姉さんは看護師さんだったんですね。空のお母さんを連れて来てビックリだけど体は大丈夫なのかな。早く見せてあげて欲しいです。

第20話【ラストプレイ】

2020年2月19日放送分

北住吉との点差が11点に広がった。そこでクズ高は、空をポイントガードにし、千秋が点を取りに行く作戦に。ポイントガードとしての役割がうまく果たせない空に対し、千秋は気合いを入れるが…?一方、円は姉で看護師のスミに体育館の外に呼び出された。スミとともにいたのは、車椅子に乗った空の母親の由夏だった。

空のお母さんが学校に来たけど外でバッシュの音を聞いているだけなのが寂しいような決意の現れでカッコ良いような気がします。ミサンガを円に託して帰ってしまったけど会いたかっただろうな。細い腕を見たら何も言えないのは分かるよ。千明がゴールを狙って空がボール運びといつもと違う事をして心配だったけど千明がダンク決めて凄いじゃん。百春も調子を取り戻したみたいで、皆バテバテだけど勝てる希望が出てきました。
空のお母さんは見た目元気そうだね。空を思ってミサンガを円に託す母親の愛が見えましたね。空がボールを運んで千明がゴールする作戦はぎこちないけど上手くいって良かった。苦肉の策なのに出来るなんて凄いよ。百春もリバウンドを取れるようになったし、夏目も奈緒ちゃんにテーピング巻いてもらって復活して期待できそう。最後は空がスリーポイントシュート決めればチームで勝つ喜びを知る事が出来ますね。

第21話【涙】

2020年2月26日放送分

空が放った3ポイントシュートは惜しくもリングに跳ね返され、クズ高と北住の練習試合は、僅差で北住の勝利となった。試合後、北住の監督・古賀に最後のシュートに迷いがあったことを指摘され、空はショックを受ける。さらに、善戦したと満足げだったナベやチャッキーも、千秋から北住がベストメンバーではなかったことを聞き、うなだれることしかできなかった。それぞれのメンバーが、自分の実力不足を肌で感じる中、クズ高では恒例の球技大会が始まろうとしていた。空とトビはそれぞれのクラスでバスケに出場する。

空の3ポイントシュートは惜しかった。あれが入っていればって本当に思う。負けちゃって空も夏目も百春も自分を攻めるけど頑張ったよ。チーム結成して間もないのに2点差なんて凄い。奈緒ちゃんも自分のせいだって泣いてるけど、安原達の楽観的な考えの方が不安を残すかな。五月先生が焼き肉奢ってくれるとか先生も顧問らしくなってきたね。球技大会では空と夏目が大活躍で楽しそうだけど、夏目が好戦的で怖いな。
試合は負けちゃったけど北住の監督から指摘を受けたのは良かったんじゃないかな。円からリストバンド貰って喜んでたけど、本当にお母さんから預かったミサンガ渡さなくて良かったのかな。球技大会は千明と鍋島がソフトボールで対決するけど二人の会話が面白い、ガバスって何のかな。雨が降ってドラマが始まったのも笑える。バスケでは夏目の人気が急上昇でモテモテだね。この効果でバスケ部の人気も出るといいね。

第22話【ラストピース】

2020年3月5日放送分

クズ高球技大会でバスケの試合に参加する空だが、3ポイントシュートを1度も打たないことを奈緒に指摘される。さらに千秋には北住との試合のトラウマで“打てなかった”ことを見抜かれ、「オマエにポイントガードは無理だった」と告げられるが、空はどちらもやってやると奮起する。そんな中、バスケの準決勝は、空のクラスとトビのクラスの直接対決。試合を観ていた奈緒は、バスケ部が強くなるにはもう一人メンバーがいればと考える。その時、別のバスケ準決勝に出場していた高身長の生徒・茂吉の姿が目に留まる。

球技大会で空が3ポイントシュートを打ってない事に千明と奈緒ちゃんが気づいて慰めてたのに、両方頑張るって小学生みたいな空が可愛かったし本当に実現してくれそうで期待してます。結果は夏目のクラスが優勝したけど空も頑張ったし、3ポイントシュート打てて良かった。先輩達も全員二人の試合を見守っていて仲良しだなあ。千明が女子がいるからって参加しようとして笑える。しかもずっとお菓子食べてるっていう(笑)
夏目は試合で空がパスしなかった事が引っかかって、二人はライバルみたいになってるけど、空は素人みたいなもんなんだからしょうがないよね。夏目のクラスが優勝して納得したんじゃない?空もポイントガード出来て良かった。高身長でフックシュートが綺麗な茂吉を見つけたけど、貧血ですぐ倒れちゃって大丈夫か?マスクして体力が無い事に親近感を覚えたみたいだけどバスケをやらない理由って何か気になるな。

第23話【月とリング】

2020年3月12日放送分

球技大会で茂吉のフックシュートを見た空と奈緒は、プレーヤーとしての彼に俄然興味を持つ。ドリブル音に惹かれて体育館に来た茂吉をバスケに誘うが、医者から運動を止められていると断られてしまう。茂吉がやりたくてもできないと感じた空は、茂吉を由夏に重ねる。そして、ついに高校総体予選の組み合わせが発表され、クズ高メンバーは練習にもやる気を見せる。一方、トビは茂吉がバスケ部の勧誘を断るために「医者から止められている」とウソをついたと知り、彼に食ってかかる。

茂吉が科学室で静かに過ごしているのは穏やかで良いけど、甜茶のチョイスが笑える。しかもビーカーで飲んじゃうんだ。空には医者に止められてるから出来ないとか嘘ついてるし、自分に期待と失望する人達に嫌気が差したんだね。しかし家にバスケットコートがあるとか凄いな。中学時代のマネージャーと会って自分自身が失望している事が分かって、もう一度バスケをやる気になってくれて良かった。やっぱりバスケ好きなんじゃん。
自転車の鍵が多かったり、ボール避けれないとかツッコミ所が多いな。空は茂吉と一緒にバスケがしたくて、病気で出来ないって自分の母親と重ねて同情して優しいな。夏目も空のために怒ったりして仲間思いじゃん。茂吉もバスケが気になっているけど、すぐ倒れちゃって千明達に助けてもらって良かったよ。シューズを見ている茂吉は未練ありって感じだけど答えが出てよかったね。月とバスケットゴールが重なって綺麗だな。

第24話【光】

2020年3月19日放送分

予選まであと1週間。体育館に向かう空たちの前に茂吉が現れ、バスケ部に入れてほしいと頭を下げる。本気でバスケをやりたいという茂吉は、化学部に退部届まで提出していた。しかし、空は茂吉の「本気」が信じられないからと、1ON1を要求し、茂吉はそれを引き受ける。挑発的に3ポイントシュートを決める空。フックシュートを繰り出す茂吉。体力的にとっくに限界を超える中、茂吉は空に食らいつき荒々しくダンクを決める。茂吉は後悔した過去を思い出していた。

雨で他の部が帰っちゃって体育館が貸し切り状態なのは嬉しいよね。茂吉くんがバスケやりたいって来てくれたけど空は病気で出来ないって嘘が許せなかったんだね。でも嘘で良かったとか優しいな。茂吉くんは雨の中、傘もささずに先輩に気持ちを伝えに言って凄いなって思ったけど、風邪引いちゃダメでしょ。円はミサンガを返すなんて正直者だな。空のお母さんの病気は芳しくないみたいで空が知ったらと思うと心配です。
雨で練習場所がないのは辛いよね、早めに体育館が空いて良かったよ。茂吉くんがバスケ部入りたいって言ってくれたのに空は納得しなくてワン・オン・ワンをずっとやるのはキツよ。茂吉くんが先輩に好きって言うのは切ないな。バスケをやる決意なのかも知れないけど雨の中切ない。先生から赤点が一人でもいたら試合ださないって言われて、ほぼ全員って、笑えるけど頑張れ。空はシュートが絶好調だけどテストが心配です。

第25話【埋もれた才能】

2020年4月2日放送分

中間試験で赤点を取ったら、試合には出場させない。顧問の五月にそう言われて臨んだテストを何とかクリアしたクズ高メンバー。予選当日、気分が高揚して、一睡もできなかった空。試合前にクズ高体育館に行くと、ヤス、ナベ、チャッキーも眠れずに体育館で練習していた。なんだかんだで全員集まり、揃ってインターハイ予選会場に入る。公式試合の独特の雰囲気に緊張が高まる中、初めてクズ高のユニフォームを着て、胸を高鳴らせるクズ高メンバー。相手は新城東和学園。ついにクズ高の予選初戦の火蓋が切られる。

赤点取った人がいなくて良かったよ、今度は寿司が良いってお気楽な言葉に平和を感じる。予選に興奮するのは分かるけど空は心配し過ぎ、夜中にドビに電話しちゃダメでしょ。お母さんがいる病院を見上げた時はビックリした、見つかるかと思った、でも今はまだ会えないもんね。試合当日、みんな体育館に集まっちゃって仲良しだな、茂吉の「すれば良いのに」は笑えた。ユニフォームとTシャツが出来上がって様になった感じだね。
初戦の新城東和学園は最初2人だけで始めた部らしい、しかも児島がケガしていてクズ高にはラッキーだったけど可哀想だね。予選会場には多くの学校が来ていて雰囲気に空がテンションマックスで笑える。丸高の千葉と常盤からは勝ち上がってこいって青春だな、北住の蒲地は会場違うってお笑い一直線だな。クズ高は緊張のせいで先取点取られて焦った、安原が呑まれちゃって心配したけど、ドビが速攻で決めてカッコ良い。